16日、今やインターネットやアプリでアルバイトの求人を探す人も多いと思うが、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本の切迫した求人広告」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから続々とコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年9月16日、今やインターネットやアプリでアルバイトの求人を探す人も多いと思うが、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本の切迫した求人広告」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから続々とコメントが寄せられている。

話題の求人広告は某大手コンビニチェーンのある店舗のもので、「このまま人が増えなかったら、わたしが24時間営業になってしまう」という見出し付き。内容も、「難しいことは頼みません」「お客様も少ないので、忙しさとは無縁です」「(深夜勤務のため)品出しさえ終えればゆったりと過ごすことができます」など、楽であることをこれでもかとアピール。「このまえ、たくさんの応募がくる夢まで見てしまいました」「誰でもいいので助けてください」と、店長の切実な思いもつづられている。

この思わず笑ってしまう求人広告に、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「はい!私、やります!」
「時給950円なのにやる人がいないの?」

「韓国はバイトも入るのに競争しなきゃならないっていうのに…。うらやましい」
「韓国も20年後は日本みたいになるかな」
「いや、人口が減少しても外国人労働者で補うと思う」

「単にコンビニ店員といっても国によって違う。中国や東南アジアは毎日が生き地獄、韓国や台湾はまあまあ人間らしい仕事、シンガポールや日本は天国でコンビニの仕事だけで食べて行ける」
「韓国と物価も変わらないのに、食糧は韓国より安いし、時給は高い。なぜ日本が暮らしやすい国なのか分かる気がする」

「韓国のバイトと日本のバイトとでは仕事量からして違う」
「時給が高いからうらやましがる人が多いけど、日本はバイト中にケータイも見ちゃだめだし、品出しもこまめにしなきゃならない。コンビニが提供するサービスの種類が韓国よりかなり多いんだよ」(翻訳・編集/松村)