プロが選ぶ旅館100選で36年連続1位の「加賀屋」(HPより)

写真拡大

 日本一の宿として名高い石川県和倉温泉の「加賀屋」。石川県は9月6日同旅館に宿泊した男女15人が食中毒になったと発表した。症状は全員軽かったものの、高級旅館として名高い加賀屋で食中毒が発生したことは業界関係者をはじめ多くの人々に衝撃を与えた。

 加賀屋が“日本一”といわれる所以は、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の総合部門で1位を獲得しているから。しかも36年連続1位というから驚く。

 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選は、株式会社 旅行新聞新社の主催で、同社が発行する旬刊旅行新聞紙上で発表される。全国の旅行会社による投票により、総合部門のほか部門別の100選(もてなし部門・料理部門・施設部門・企画部門)も発表される。

 そんな日本一の加賀屋で? と多くの人々が驚いた今回の一件であるが、日本一というイメージから加賀屋へ行ってみたという経験のある利用者もいることだろう。もちろんネット上の旅行会社、いわゆる「宿泊予約サイト」のスコアでも加賀屋は相対的に高得点だが、各々の利用が重きを置くポイントは異なるから、当然低評価のコメントもある。

 昨今、ホテルや旅館を選ぶ際にランキングを参考にする人は多いと思う。新聞や雑誌などでランキングを目にすることもあるが、馴染み深いのはやはり予約サイトのもの。利用者の投稿などからスコアを算出しランキング表示できるところがほとんどだ。

 新聞や雑誌などのランキングでは、選者は「専門家」が多い。筆者も選者としてホテルを選ぶ機会は多いが、独自の取材で感動的だった地方のキラリと光るホテルを推挙してもまずランクインしない。やはり、知名度のある有名ホテルがランクの上位を占めるのは多数票で決められるからだ。

 一方、予約サイトのランキングは利用者の声が反映され、かつスコア順に表記されるので、名もないホテルや旅館が有名ホテルを抑えるといった“下克上”も起こりうる。いまや利用者・投稿者数が多いスコアの信憑性は高く、レピュテーション・マネジメントが業績に影響を及ぼすというのは宿泊業界では常識と言われている。今後、口コミ管理はますます重視されていくことだろう。

 また、予約サイトをはじめオンライン上の旅特集などでも、ホテル・旅館ランキングを目にする。部門別・地区別など特定のテーマに沿って選出されたケースが多い。お金で票を買う的な広告企画から、筆者や編集部が独自に選出したランキングもある。

 中には利用者からの口コミ評価も著しく低いホテルが、某予約サイトのランキング特集で1位になることもある。よくよく見てみると「売れ筋ホテルランキング」だという。売れ筋ということは予約の寡多という予約サイトのデータで決められたものだ。

 前述したプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選においてランキング上位の施設は、多くの団体客の受け容れも可能な大規模施設が目立つ。団体客の送客も行う旅行会社が選ぶランキングという特性だろうか。旅館で格別なおもてなしの心を感じたいという個人客であれば、もちろん小規模な旅館にも分がある。

 もっとも加賀屋に対する業界目線ということならば、福利厚生が充実していることで知られる。

 たとえば、女性スタッフが子育てながら働けるよう、8階建ての専用施設(カンガルーハウス)を有するのは業界では有名だ。施設内には保育園、母子寮が設けられているが、保育所不足が社会問題となる中、参考にすらなりそうな福利厚生スキームといえる。こうしたことも、加賀屋が業界関係者に支持される一因とも言えよう。

 いずれにせよ、利用者目線・業界目線さまざまなランキングがあり、単に「日本一」という言葉が独り歩きしている感はあるが、各種ランキングの特性を見極める必要があるのは言うまでもない。つい順位だけに注目してしまうが、旅の目的や嗜好も踏まえて宿選びの参考にしたいものだ。

●文/瀧澤信秋(ホテル評論家)