先制ゴールのグリーズマンを称えるシメオネ「バロンドール受賞を願っている」

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、先制ゴールを奪ったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを称えている。スペイン『アス』が報じた。

▽アトレティコは17日、リーガエスパニョーラ第4節でスポルティング・ヒホンをホームに迎えた。先発出場を果たしたグリーズマンは2分に先制ゴールを奪うと31分には2点目を奪取。チームはその後も得点を重ねて5-0と大勝した。

▽試合後の会見でシメオネ監督は、グリーズマンについて言及。昨シーズンからの好パフォーマンスを続ける同選手を称え、バロンドールに相応しいと語った。

「私にとって、昨シーズンのベストプレーヤーはグリーズマンだ。間違いなく世界最高の選手の一人だと思っている。リーガでも多くのゴールを挙げており、近年は急速に力をつけている。彼がバロンドールを受賞することを願っているね。本当に素晴らしい成長を遂げている」

▽シメオネ監督は2020年までだったアトレティコとの契約を短縮して2018年までとした。来シーズンにはアトレティコを退団するのではないかと噂されている中、ヒホン戦の18分にはビセンテ・カルデロンの観衆から盛大な拍手が送られている。

▽サポーターの行為に対してシメオネ監督は「私の心に響くものだった。とても感情的な瞬間であり、自分の心に響くものだった」と、喜びを示している。