ランボルギーニ・デイ開催! 最新チェンテナリオからミウラやカウンタックまでズラリ集結

写真拡大 (全42枚)

圧巻のパレードランには街ゆく人も仰天!

ランボルギーニとって2016年は記念すべき年だ。創立者であるフェルッチオ・ランボルギーニが生誕100周年かつ誰もが憧れたのことのあるランボルギーニ・ミウラが誕生から50周年を迎えるメモリアルイヤーなのだ。それを記念し、9月16日に東京・新宿でランボルギーニ・デイが開催された。ランボルギーニ・デイの目玉だったのが、アジア初披露となった最新モデル「チェンテナリオ」。フルカーボンボディを採用し、すでに全40台が売約済みとなっている。

ランボルギーニ史上、もっともパワフルな770馬力を発生するV型12気筒エンジンを後部座席後方にミッドシップレイアウト。さらに、超高速走行を意識したデザインフォルムは、速度域に関わらず安定したスタビリティとダイナミックなパフォーマンスを引き出してくれる。

また、会場にはランボルギーニ・ポロストリコ(レストア部門)による当時以上に修復されたミウラSVを展示。このミウラSVは、1971年にジュネーブ・モーターショーで展示されていた車両そのものだ。

さらに、ミウラ50周年を記念しアヴェンタドール・ミウラ・オマージュが展示され、ミウラがランボルギーニにとり重要なであることを再確認した。すでに半数は売約済みとのことだ。

同時開催で行われたクラシック・ランボルギーニの品評会「ランボルギーニ・デイ コンクールデレガンス TOKYO2016」には32台がエントリーした。なかでもミウラが10台もエントリーし東京に集結したことが驚きである。どのクルマも素晴らしいコンディションであったが、生憎の天気に審査員も苦労をしたようだ。

イベントの締めくくりとしてランボルギーニ・オーナーによるパレードランが行われた。どこまでも続くランボルギーニの列に待ちゆく人の足を止め注目を浴びていたのは言うまでもない。