完成披露上映会


死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉先生による大ヒットSF アクションコミック「GANTZ(ガンツ)」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪編」がフル3DCGアニメーション「GANTZ:O(ガンツ:オー)」として10月14日から全国ロードショー。9月16日には、完成披露試写会が行われ、声優の小野大輔さん、M・A・Oさん、ゲスト声優のケンドーコバヤシさん、レイザーラモンさん、主題歌を担当するドレスコーズの志磨遼平さん、川村泰監督、さとうけいいち総監督が登場しました。

■アニメーションと実写のいいとこ取り
DSC09267

「ガンツ:オー」はフル3DCGアニメーション映画。最新技術によって制作された作品について主人公の加藤勝を演じた小野さんは「CGだけど熱量を感じる作品」と話しました。

小野さんは、キャラクターの動きをモーションキャプチャーで撮影しているということを挙げて、その効果と完成度の高さに自信を見せました。

「息遣いや悲鳴など、CGでここまで表現できるのかというくらい感じました。実際に観たときにも、そのキャラクターが喋っているようにしか見えなかった。声を当てるときも、モーションキャプチャーの役者さんの息遣いを聞きながら重ねていたので、アニメーションでもあり洋画の吹き替えのような感覚もありました。新しいジャンルを生み出してしまったのかな」

小野さんの熱いアピールに、山咲杏役のM・A・Oさんも「アニメーションのいいところと実写のいいところを取ったような作品。表情や髪の毛、筋肉の動き方などすごく細かいところまで見ることができるし、大胆なロボットや火花、血しぶきなど大胆な描写もある。こういう作品が増えていくと盛り上がるんじゃないかな」と笑顔で語りました。二人の話しに映画への期待も高まります。

もちろん、製作陣も自信たっぷり。川村監督も見所を「モーションキャプチャーで撮影した映像と声優さんの声で、キャラクターの魅力をたっぷり観ていただきたい」と話していました。

また、さとうけいいち総監督も「大阪が舞台ということもあり、大阪を舞台で活躍するみなさんに出ていただいた。それをどどんと味わってもらいたい」と話す通り、今回はゲスト声優として人気芸人も参加しています。

DSC09225 2

舞台挨拶を盛り上げたのはその芸人たち。ガンツスーツのボディペインティングで登場したレイザーラモンRGさんが「ガンツ:オーあるある」を熱唱すると、それにケンドーコバヤシさんが絶妙なツッコミを入れていきます。ちなみに相川七瀬さんの「夢見る少女じゃいられない」に乗せて熱唱されたあるあるは「どのシーンを見ても薄暗い」というもの。観客だけでなく、出演者も大笑いしていました。

映画「GANTZ:O」は10月14日より全国ロードショー。奥浩哉先生書き下ろし複製原画と小野大輔さんと玄野計役の梶裕貴さんによるオリジナルボイスドラマが特典に付く全国共通特別前売券(1400円)も好評発売中です。

DSC09295

また10月23日まではSHINJUKU NEWoManにて、展示イベント「映画公開記念特別展示 GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-」も開催中。この秋は、最新技術と充実の製作陣が贈るガンツ濃度300%の衝撃を楽しみたいですね。

西岡舞子(Maiko Nishioka)431370_175839735864754_142095489_n