Doctors Me(ドクターズミー)- 日焼け後の皮むけ、アフターケアはどうしたらよい?

写真拡大

夏は海に山にレジャーを楽しんだ方も多いと思いますが、ひどく日焼けをして、その後皮がむけてしまったという方もいるかと思います。
むけた後はしばらくお化粧などもしにくいですし、どうにも気になってむいてしまうとヒリヒリすることが多く、出来れば皮むけしないで済ませたいですよね。
そこで今回は、日焼けによる皮むけのアフターケアについて、医師に解説していただきました。

日焼けには種類がある!サンバーンとサンタンとは?

「日焼け」とは、皮膚に紫外線が当たることによって皮膚が赤くなって炎症を起こしたり、または紫外線の刺激によってメラニン色素が産生され皮膚に沈着するものをいいます。
日焼けは大きく二種類に分けることができます。

サンバーン
呼ばれる皮膚が赤くなったり痛みをともなったりして、炎症を起こすもので、紫外線のうちでもUVBと呼ばれるものが真皮に到達し、DNAを傷つけることで起こるものです。

サンタン
紫外線のうちUVAと呼ばれるものが皮膚にあるメラノサイトという細胞を刺激することによってメラニン色素を作り出し、皮膚が黒っぽく変化するものをいいます。
このサンタンに関連するUVAは真皮のかなり深いところにまで影響を及ぼし、たるみやしわなどの原因になることが知られています。

日焼け後の皮むけは予防できる!

夏場などに真っ黒に日焼けをすると皮がむけてくることがありますが、これはなぜむけるのかというと日光を浴びて、皮膚の表面の細胞が乾燥して死んでしまうことによるといわれています。日焼けは1度または2度の熱傷と同じとされる場合もああり、熱傷と同じメカニズムで皮がむける、と考えるとわかりやすいかもしれませんね。
あらかじめ日焼けが予測されるとき、例えばビーチなどに出かけるときは、

・保湿をしっかり行ってから出かける
・長袖をきる
・日焼け止めをこまめに塗る

などすることで、皮むけの予防になります。

日焼けをしてしまったら、まずは冷やすこと!

日焼けは熱傷と同じようにまずはしっかり冷やすことが基本になりますが、日焼けの程度によって、以下の3段階で行ってみましょう。

1.冷水を日焼けした部分にほてりが取れるまで当てる
2.広範囲に及ぶ場合には冷たい水を湯船にはって、心臓に遠い部分から少しずつ水をかけて心臓に負担をかけないようにしつつ、全身を冷やしたり、冷たいシャワーを活用する
3.あまりにも真っ赤になっているような場所がもしあれば、局所的に氷嚢で冷やす

冷やしたあとに自宅でできるケアは?

日焼けのあとは冷やすだけではなく、自宅でできるケアをしっかりと行ないましょう。

薬を塗る
火傷に効く薬を塗りましょう。皮膚科では炎症が激しい場合にはステロイドが出る場合が多いと思います。痛みがあるときにはクリームやローションはしみやすいので軟膏がお勧めです。

保湿をしっかり行う
日焼け後の肌は、ひどく水分が不足していますので、保湿が非常に大切です。お肌の新陳代謝を正常に保つためにも、お肌を乾燥させず、潤いを保っておくことは非常に重要ですので保湿はいかなる場合も忘れないようにしましょう。

日焼けによる痛みが激しく、眠れない、皮膚が軽くこすれるだけで痛くて触れないといった場合にはやはりすぐ病院へ行きましょう。

医師からのアドバイス

日焼けは、特に夏のレジャーなどではどんなに気を付けていてもある程度はしてしまうことが多いもの。 UV対策はもちろん重要ですが、アフターケアも忘れないでおきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)