靴屋の店員がコッソリ教える「靴が痛んでしまう」NGケア4つ

写真拡大

皆さんは普段からちゃんと靴のケアをしていますか? そろそろ夏に履いていたサンダルを片付け、秋冬の靴でも準備しようかなと取り出してみたら……「ギャー! カビが」なんて悲しい経験をした方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、都内にある靴屋さん『中村靴店』の店員さんに“普段やりがちな靴の間違ったNGケア”について伺ってきたのでご紹介します。自分でも日常的にやっていることがないか、この機会にチェックしてみてください。

 

■NG1:帰宅後すぐに棚に片付けてしまう

家族が多いと玄関に靴が増えてゴチャゴチャするのは嫌かもしれませんが、帰宅後すぐに靴を棚に片付けてしまうのは、ちょっと待ってください!

「1日履いた靴は足の汗によりとても蒸れています。その靴を汚れも落とさずにすぐに棚に片付けてしまうと菌が増殖してカビが発生しやすくなります。帰ってきたらある程度靴を乾燥させて汚れを落としてから棚に入れるようにしましょう。」

そして雨の日に履いた靴は晴れた日にしっかり陰干しをしてから片付けてください。湿った靴をそのまま靴箱に入れてしまうと他の靴にも被害が及びます。

特に扉の付いた靴箱は換気が悪く湿度が高くなっていますので、日頃から靴箱の換気をよくするように心がけましょう。

 

■NG2:濡らした布や雑巾で靴を拭いてしまう

靴の汚れを落とそうと思って、拭き方を間違えたら逆効果になることもあります。

「靴の汚れやカビを、濡れた雑巾やウェットティッシュで拭きとるのは絶対にやめてください。水分をつけてしまうと菌が増殖しやすくなりますので、必ず乾いた布などで靴の汚れを拭き取りその布は使い回しせずに処分してください。」

ちなみに白カビは拭き取れば落とせますが、黒カビは簡単に落とすことができずシミの原因になったりすることもあるので靴のケア専門店などへ持ち込むのがベストだそうです。

 

■NG3:プラスチックのシューキーパーを使っている

履いていない革靴にちゃんとシューキーパーを入れて保管していますか?

「シューキーパーを毎日ちゃんと使用することで靴の持ちはだいぶ変わります。シューキーパーを買う時は自分の靴に合う形やサイズのものを選ぶのはもちろんですが、木製のものを買うのがベストです。」

プラスチック製のものは安価で求めやすいのですが、木製のシューキーパーは靴の型崩れを防ぐだけではなくて、靴の中の湿気を取り除いてくれる作用があるそうです。

 

■NG4:スニーカーを天日干ししてしまう

天気が良い日は子供のスニーカーなどを洗って天日干ししたくなりますが、ちょっと待ってください。

「早く乾かすためや臭いを取るために思い切り天日干しする方がいますが、風通しの良い日陰で干すのがベストです。天日干ししてしまうとゴムの部分が変色することもあるので、長時間強い紫外線に当てないようにしてください。

また、お客さんからよく、”白いキャンバス地のスニーカーを洗って天日干ししたらシミができてしまった”と聞きますが、スニーカーを洗った時にちゃんと流しきれずに残った洗剤が陽に当たることでスニーカーが変色してしまうんです。」

早く靴を乾かすためにも、洗い終わったらタオルなどでしっかり水分を拭きとってから日陰干しするようにしましょう。

 

いかがでしたか? 靴が長持ちすれば節約にもつながりますので、正しくケアをして大切に履いていきたいですね。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ これで長持ち!買ったらすぐにやりたい「洋服と靴のケア」3つ

※ 年末だけじゃない「夏の大掃除」が節約にも良い理由2つ

※ ホームクリーニング店長が教える「正しいエアコンの掃除方法」

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 効果なしって本当!? 意外と知らない「水素水」の基礎知識

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

※ 昔は軽い女…!? 男性が幻滅する「乳首の黒ずみ」を解決する方法とは

 

【姉妹サイト】

※ 糖分摂りすぎてない!? たくさん食べても安心「果糖少なめ美容フルーツ」3つ