げぇムリ!3位長髪…女が「受け入れられない男のファッション」TOP10

写真拡大

オネエキャラやノージェンダーの芸能人が増え、世の中がジェンダーフリー(“男らしさ”、“女らしさ”という社会的性別に囚われない生き方をしようという考え方)の傾向にあります。

しかし、今まで女性のファッションだったものを男性が身に着けていると、やはり違和感を持ってしまう人もいるのでは?また、レディースアイテムだけに限らず、「男性のこんなファッションはちょっとムリ……」というものもいくつかあるはず。

そこで今回『VenusTap』では、一般女性500名に「男性のファッションのうち、受け入れられないものは?」という独自アンケートを実施。女性が最も受け入れられないと思うファッションは何なのか、早速見ていきましょう。

■最も受け入れられないファッションは「タトゥー」

<受け入れられない男性のファッションランキング>

1位・・・タトゥー(15.8%)

2位・・・パンツが見えるほどの腰パン(10.0%)

3位・・・束ねられるほどの長髪(8.4%)

4位・・・ロングスカート(8.0%)

5位・・・短すぎるショートパンツ(6.6%)

同率6位・・・日傘(5.0%)

同率6位・・・ゴツゴツしたシルバーアクセをジャラジャラさせている(5.0%)

同率8位・・・マニキュア・ペディキュア(4.4%)

同率8位・・・先がとんがった靴(4.4%)

同率8位・・・おじさんみたいなセカンドバッグ(4.4%)

女性が最も受け入れられないのは「タトゥー」でした。

「タトゥーとか整形とかやるのは自由だけど、体傷つけてるみたいでなんか嫌」、「真面目そうなサラリーマン風の人の首元にでかいタトゥーが見えたとき、ちょっとコワかった」など、タトゥーをしている人に威圧感やコワい印象を持つ女性が多いようです。

実は『VenusTap』の過去記事「オシャレでも男ウケ最悪!4位マツエク“男が嫌う流行スタイル”1位は」でも1位が「タトゥーシール」、2位が「タトゥータイツ」という結果がでており、男性も女性のタトゥーが受け入れられないという人は多数派のよう。

入れ墨やタトゥーをした人の入館を禁止する温泉やプールも多く、日本では社会的にも受け入れNGの傾向が高いですよね。

外国、特に西洋ではタトゥーはファッションの一部という認識ですが、日本人にはまだその感覚が根付いておらず、受け入れがたいのかもしれません。

■“女性イメージ”のあるファッションは受け入れがたい

全体的にランクインしたファッションを見てみると、2位の「長髪」、4位の「ロングスカート」、6位の「日傘」、8位の「マニキュア・ペディキュア」など、従来“女性のファッション”というイメージがあるオシャレを男性がすることに抵抗を覚える傾向がありそう。

「日傘をさしてる男性は男女差別かもだけど、ドン引く」、「日本人男性のロン毛は冗談抜きでキモい。似合う人もいるけど大概あかん」、「オシャレ男子でスカートはいてネイルしている人がいるけど……、正直違和感しかない」など、やはり男性が使うことでドン引きしてしまうようです。

原宿系やパンク系ファッションなどが好きな男性に多いかもしれませんが、初対面の男性の爪にカラーネイルが施されていたら、やはり多くの女性は抵抗を感じてしまうのかも。

男性の女性的ファッションは少数派なだけに、男性も信念を持って取り入れている方が多いのだろうと思いますが、オシャレさを感じる女性はまだ少ないようですね。

いかがでしたか? 街中でたまに見かける個性的な服装の男性も、似合っていればカッコイイもの。新しい着こなしを見ると「そんな着方あるんだ」と女性側も勉強になりますよね。

恋愛感情が芽生えるかどうかは別として、“男性らしさ”、“女性らしさ”という枠をはずし、斬新な服装をクリアな視点で見てみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - MARCH 15: Takemaru is seen on the street in Harajuku during Tokyo Fashion WeekÊon March 15, 2016 in Tokyo, Japan.Ê (Photo by Matthew Sperzel/Getty Images)