建築家のビャルケ・インゲルスは、自身の建築事務所のサイトを「ブロックくずし」に変えた。理由は語られていないが、彼らは「遊ぶこと」を人々に提唱しているのだろう。

「BIGが自社サイトを「ブロックくずし」に変えた理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

天才建築家のビャルケ・インゲルス(日本語版記事)が設立した建築事務所BIGは、自社のウェブサイトを「BIG版のアルカノイド」につくり変えた。

アルカノイドとは「ブリック・ブレーカー」の元になったゲームで、アルカノイドの元になったゲームは、アタリの「ブロックくずし」だ。これらのゲームはどれも、画面に並べられているブロックを、跳ね返りながら移動するボールで壊していくものだ。ユーザーのやるべきことは簡単。ボールを下に落ちないようにバウンドさせながら、ブロックをひとつ残らず消せばいい。

同社のホームページは以前から、ネオン色のアイコンを並べた特徴的なデザインだった(年代別に並べられたそれぞれのアイコンは、プロジェクトのページにリンクしている)。現在、それらのアイコンは、年代順に並べられているのではなく、色別にグループ分けされている。画面の下にある「バー」をマウスで操作すれば、ボールをあちこちに打つことができる。

このような仕掛けをつくった理由はよくわからない。ボールが当たったアイコンは消えてしまうので、サイトの中身を見ることはできない(http://www.big.dk/にアクセスすれば通常のページも見られる)。懐かしさに浸るか、ハイスコアを目指すこと以外に、ゲームをプレイしたくなるインセンティヴはないようだ(ゲーム終了するとハイスコアのランキングが出てくる)。コナミコマンドも使えないようだ。

とはいえインゲルスは、「Minecraft」や、そのアナログ版の先輩である「LEGO」など、ヴァーチャルな世界が大好きな人物である(インゲルスが2016年に手がけたロンドンのサーペンタイン・ギャラリーの夏季限定パヴィリオン(日本語版記事)はこの両方の影響を受けているようだ)。

「MinecraftやLEGOといったフィクションの世界では、人々に自身の環境を変えさせるツールを与え、人々の力を拡大させている」とインゲルスは語っている。「それこそ、建築がやらなければいけないことだ」

おそらく、すべてはそこに行き着く。つまり。遊びのための遊びだ。アルカノイド化されたBIGのウェブサイトで、インゲルスとBIGは「遊ぶこと」を大いに提唱しているのだ。

RELATED