40年以上を刑務所で過ごした男性の孤独 司法と福祉が連携して支援

ざっくり言うと

  • 2006年にJR下関駅に放火した男性は8月に刑期を終えた
  • 放火の前科が10件あり、22歳以降の40年以上を刑務所で過ごしていた
  • 出所時に誰も迎えに来なかったことが人生で一番つらかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング