女同士ってメンドウ!「私、ライバル視されてる」と思う瞬間5つ

写真拡大

会社で学校でママ友同士で……「なーんかこの人、やたら私に突っかかってくるなー」なんて同性の相手の態度にモヤモヤしたこと、女性ならきっとありますよね。

もしかして嫌われてる!? いえ、それきっと、あなたへのメラメラ燃えるライバル心です!

ひょっとしたら嫌われる方が楽かもしれない、ちょっと厄介な同性からのライバル心。どんな瞬間に一番それを感じるか? 『BizLady』が20〜40代の女性423名を対象に実施したアンケートをもとに、ぶっちゃけた本音をご紹介します。

「同僚や友人・知人に“私、ライバル視されてる!”と感じるのはどんな時!?」

■5位:「自分の彼氏や夫のアラ探しをしてくる」……13.9%

本人ならまだしも、その身内や大事な人を悪く言う行為は、人としてアウト。

そんなことを平気でしてくる人は、所詮その程度の人間性なのだと割り切り、相手にしない方がベター。怒ったり喧嘩したりする時間もムダ。ここは自分が大人になってスルーしてあげましょう。

■4位:「“〇〇があなたの悪口を言っていた”など、ネガティブな情報をわざわざ耳に入れてくる」……16.1%

こんな小学生レベルのことをする大人がいるの!? と思う人もいるかと思いますが……意外と、年を重ねてもこの手のことをする人っているものです。

もちろん、その手に乗ってはいけません。悪口なんて言われてナンボ! それだけ多くの人があなたを気になる存在として見ている、ということです。「あらそう?」と涼しい顔でかわしましょう。

■3位:「自分に起きた良い話などに対し、何かとケチをつけてくる」……17.5%

他人の幸せを喜べないことをわかりやすく態度に出すような人は放っておけばいいのですが、笑顔で祝福しているようでいて、「でもそれって……」と必ずネガティブ要素を入れてくる……そんなちょっといやらしいやり方でケチをつけようとする人もいますよね。

ですがこれも4位と同じで、あなたが嫉妬されるほど幸せな立場だということの裏返し。「ふーん、そう? でも私は幸せよ!」とニコッと笑ってあげましょう。

■2位:「あなたが誰かの文句を言っていた、などマイナスなことを言いふらされる」……18.0%

3位までと違うのは、“第三者も巻き込んでいる”ということ。子どもっぽさも感じられるがゆえに大目に見てあげようとも思えるこれまでの答えに比べると、ちょっと悪質ですよね。

解くべき誤解は解くとしても、あまり事を荒立たせても相手の思うツボ。因果応報、という言葉もあります。あることないこと言いふらす……などの行為には、必ずしっぺ返しが待っているはず。腹が立っても、ここは冷静に行動しましょう。

■1位:「喋り方や接し方にあからさまな敵意がある」……24.1%

誰かをライバル視する人の典型的行為、とも言える回答がトップに。こんな態度を取られて嫌な気持ちがしない人はいないと思いますが、周囲もきっとそんな状況に気付くはず。

野次馬的な見方も含め注目されてしまう分、相手へのあなたの対処も周囲は見ています。ムカッときても同じ土俵に立ってしまっては、同じ穴のムジナ。自分の評価まで下げることのないよう、ぜひ余裕を見せつけて!

■投票! 「私、ライバル視されてる」と思う瞬間。思い当たる物は?

投票後、画像の中の「<」をクリックすると、みんなの投票結果が確認できます。(投票画面が表示できない場合はコチラ)

以上、同僚や友人・知人に「私、ライバル視されてる!」と感じる瞬間についてでしたが、いかがでしょうか?

相手の取る態度によってはストレスを感じることもあるかもしれませんが……でもよく考えてみてください。“ライバル視される”って、それだけあなたに羨むような要素がある、ということです。そう考えれば、「ライバル視? 光栄だわ〜!」と思えるようになりますよ!