16日、韓国・アジア経済によると、11月に行われる韓国の大学入試センター試験「17年度 大学修学能力試験」の出願状況がまとまり、第2外国語受験者のうち7割がアラビア語を選択するという“異変”が起きていることが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年9月16日、韓国・アジア経済によると、11月17日に行われる韓国の大学入試センター試験「17年度 大学修学能力試験(修能)」の出願状況がまとまり、第2外国語受験者のうち7割がアラビア語を選択するという“異変”が起きていることが分かった。

韓国教育課程評価院によると、今年の修能で「第2外国語・漢文」への出願者は9万4359人、うち69%に上る6万5153人が「アラビア語1」を選択した。05年度の修能で選択科目にアラビア語が加えられて以降最多、15年度の1万6800人、16年度の4万6822人と比べても急増していることが分かる。次いで多い日本語選択者7875人(8.3%)、中国語選択者5200人(5.5%)と比べても群を抜いた数字だ。

関係者の説明によるとこの原因は、アラビア語に対する関心や社会的な需要が高まったためではなく、アラビア語が単純に高得点を狙える科目だからだという。受験生らも、アラビア語の過去問には、非常に基本的な単語を選ぶ問題や、描かれた絵を見ただけでも当てられるような問題が多いと話す。中国語や日本語に比べて飛び抜けた実力を持つ生徒も少ないため、相対評価が行われる修能では、アラビア語は簡単に「最上クラス」を取りやすい科目なのだ。

一方、アラビア語を授業で教えている高校は全国で5校のみ、受験生の多くが勉強もしないままアラビア語の試験を受けている実情に、教育界からは望ましくないとの指摘も出ている。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「受験生のせいにはできないよ。こういうふうにしてしまった大人が悪い」
「これも戦略の一つだろう」
「アラビア語のメディアでは、韓国の受験生の間でアラビア語が大人気と報道されるだろうね」
「もう国がめちゃくちゃだな」

「運良くうまく当たれば上から2・3番目のクラスになれると聞いて選んだけど、実際は4番目だった…」
「修能はとにかく高得点を狙う試験。勉強するための試験じゃない」
「教育部が教育的なことを正しく教えたことなんてない」
「こんなことは10年も前から言われていたよ。いまさらニュースに?」

「勉強も必要だけど、ほどほどにすべき。韓国はあまりに過酷だ」
「今の教育自体がどうかしているという証拠だ」
「ここまでくると選択自体が無意味だね」
「選択しろと言っておいていざ選択したら文句かよ?それなら選択科目からなくせばいいだろ」(翻訳・編集/吉金)