フルーティな甘みに感動!貴重な台湾茶「東方美人」の美容効果&おいしい淹れ方

写真拡大

台湾ブームもあって、オリエンタルな魅力がつまった台湾の食文化に注目が集まっています。特に美容効果が期待できる台湾茶は健康にもよさそうで気になっている人も多いのでは?色々な種類のある台湾茶ですが、おすすめしたいのは無農薬栽培の東方美人茶。ウーロン茶の一種で紅茶のような甘い風味が特徴です。また、大変希少価値が高いお茶なんです。ここでは、東方美人茶の入れ方から効能・効果、その珍しい作り方をご紹介します。

■ 上品な甘さが魅力!東方美人茶は希少価値の高い半発酵茶

東方美人茶とは台湾の青茶(ちんちゃ)に分類される烏龍茶の1種。青茶とは半発酵茶と言われるお茶で、茶葉を作る製茶過程で茶葉を半分だけ発酵させたものです。半発酵茶は非常に香りが高く、苦くなりにくいという利点があります。台湾茶の中でも東方美人茶が愛される理由の1つは、そのハチミツと果物が合わさったような上品な風味と甘みにあります。マスカットのような風味と称される味わいは、新しい体験に思わず感動してしまうほど!

◎ 独特な風味は「ウンカ」のおかげ

東方美人茶の甘く香り高い味わいを実現しているのが、5mmほどの小さな昆虫「ウンカ」の存在です。ウンカが茶葉を食むことによって、茶葉は独自の発酵をします。この発酵は、ウンカの内分泌物資によって茶葉の二次代謝機能が発生し、香気成分が生まれるためと考えられています。製茶の過程で必要なウンカを除去しないように、東方美人茶を作る際は無農薬となっています。ウンカは春茶が終わったころに発生するため、東方美人茶は年に一度だけ夏に向けて作られます。台湾の風土でしか作り出せない貴重なお茶なのです。

■ 東方美人茶の美味しい入れ方

お茶は入れ方ひとつで味が変わってしまいます。東方美人茶の味わいを引き出すため、正しいお茶の入れ方を学びましょう。

◎必要なもの

・茶壺(チャフー) 急須かグラスで代用可
・茶杯(チャハイ) 湯のみで代用可
・茶盤(チャバン) ボールで代用可

◎お茶の入れ方

・茶壺に沸騰したお湯を入れて温めます。
・次にそのお湯を茶杯に入れて茶杯を温めて、茶壺に残った湯を茶盤に捨てます。
・茶壺に茶葉を150ccに対して3gが目安に入れます。
・少し冷ましたお湯(85度程)を茶壺に入れ、30〜45秒蒸らします。
・蒸らしてる間に茶杯に入れておいたお湯を捨てます。
・茶葉から香りがし始めたら飲み頃。 お茶の濃さが均等となる様に少しづつ注ぎましょう。

茶葉は繰り返し飲めますが、3回目以降は蒸らし時間を伸ばしましょう。

■ 食後に飲むのがおすすめ

東方美人茶は香りがフルーティで甘みが強いため、ご飯と一緒に飲むよりも食後のデザートと共にいただくのがおすすめです。もしくは、東方美人茶だけでティータイムを楽しみましょう。東方美人茶本来の味わいを堪能してください。

■ 東方美人茶はビタミンの爆弾!

東方美人茶にはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは肌のメラニン色素の生成を抑えて肌の炎症やシミを抑制する効果が期待できる成分です。さらに台湾茶の中でも発酵度が高いため、美味しいだけじゃなく、美容にもお腹にもいい東方美人茶。これから普及すれば、ティータイムの新定番になるかもしれませんね。

■ フルーティな味わいにほっこり

はじめはお茶なのにフルーティな味わいに驚くかもしれません。でも、紅茶のような飲みやすさは間違いなく新しい体験です。美容にいい新感覚なお茶は癖になりますよ。ぜひ東方美人茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(image by pixta)
(著&編集:LiRu編集部)