自閉症の少年が行方不明だった“親友の猫”と再会…涙で抱きしめる姿が感動的

写真拡大

ペットと離れ離れになるのは誰しも寂しいもの。

特に数少ない理解者である親友ならなおさらでしょう。

親友が行方不明に

自閉症の少年が、その親友と再会したシーンがネットで感動を呼んでいます。

黒猫のデイビッドはトーマス君にとって、すべてを受け入れて理解してくれる大事な友だち。常に一緒でした。

そのデイビッドが3か月前に姿を消してしまったのです。

姉のBillie-Louiseさんによると、トーマス君はなぜデイビッドがいなくなったかよく理解できていないようでしたが、以前と様子が変わってしまったそう。

再会に泣きじゃくる少年

そしてこの日、お母さんと一緒にデイビッドが帰ってきました。

お母さんが「あなたの可愛い子を連れてきたわ」と告げると、顔を覆って泣きじゃくるトーマス君。

Billie-Louise Jaeger / Facebook

Flossie Sweeto  / YouTube

デイビッドが迷子になっていたところを誰かが見つけて動物病院に連れて行ってくれたといいます。

再開後はまた幸せな笑顔が

「デイブは弟の世界のすべてだったんです」とBillie-Louiseさんは言います。

でも親友と再会した後は、また以前の幸せそうな表情がもどってきたそうです。

Billie-Louise Jaeger / Facebook

Billie-Louise Jaeger / Facebook

Billie-Louise Jaeger / Facebook

Billie-Louise Jaeger / Facebook

Facebookに投稿されたこの動画の再生回数は4万5,000回。

「よかった」「泣けた」「かわいい」など、感動した人たちから多くのコメントが寄せられています。