手軽に3番組同時録画!HDDレコーダーの3つのメリットとは

写真拡大

アイ・オー・データから今月末に発売となるHDDレコーダー「HVTR-T3HDシリーズ」。ちなみにこれ、ブルーレイレコーダーではなく、“HDD”レコーダーだ。

要するにブルーレイレコーダーからブルーレイドライブをなくしたモノなのだが、だったらドライブ付きの方がいいと思う人も多いだろう。しかしHDDレコーダーならではのメリットもあるのだ。

[関連記事]スマホでもOK!溜まった録画は空き時間に好きな場所で観る

■ブルーレイレコーダー並の充実した録画機能も備える!

 

アイ・オー・データの「HVTR-T3HDシリーズ」は、3チューナー入りの本体と外付けのポータブルHDD(1TBもしくは2TB)、リモコンのセットになっている。

20160917_iodata01

20160917_iodata02

20160917_iodata03

録画データは本体につないだHDDに保存されるが、ドライブがないので、録画データをブルーレイにコピーすることはできない。もちろんブルーレイディスクを見ることもできない。

しかし、HDDレコーダーには3つのメリットがある。

1:価格が安い

HDD容量1TBの「HVTR-T3HD1」で予想実勢価格が3万5000円前後。ブルーレイレコーダーの場合、3番組同時録画の1TBモデルなら5万円以上はしてしまう。2TBの「HVTR-T3HD2」で予想実勢価格は4万1000円前後。こちらもブルーレイレコーダーなら最低でも6万円はかかる。HDDレコーダーの方が断然格安だ。

2:本体が小さい

ドライブがない分、本体はかなりコンパクト。さらに、ブルーレイやDVDといったメディアの出し入れを考慮する必要はないので、置き場所に気をつかうこともない(もちろんリモコンの赤外線が当たるようにしておく必要はあるが)。

3:ドライブ故障の心配がない

ブルーレイレコーダーの場合、ドライブ故障の可能性がある。精密な光学部品にも関わらず、完全に覆い隠すわけにはいかないため、使用するうちにある程度の故障リスクは発生してしまう。しかもドライブ故障の場合、HDDも使えなくなることが多く、修理費用も高額だ。

これらのメリットだけでなく、録画機能も充実している。

番組タイトルだけでなく、キーワードやジャンルを登録するだけで関連番組を録画する“おまかせ録画”。

20160917_iodata04

録画中でも冒頭から観られる“追っかけ再生”。

指定チャンネルを最大3チャンネルまで1〜23時間の範囲で自動的に録画予約する“おまかせ一括録画”。

映像の切り替わりを検知し自動的にチャプターを作成する“おまかせチャプター”。

さらに、インターネットにつなぐことで利用シーンも広がる。

外出時や自宅内のテレビがない場所でも、録画番組をネット経由でスマホやタブレットで観ることができる。放送中の番組視聴も可能だ。

20160917_iodata05

他にも、専用アプリ「テレリモ」「テレプレ」をインストールしておけば、スマホ、タブレット、PCから遠隔操作で番組表閲覧、録画予約、録画番組を端末にダウンロードしての視聴などができる。

録画データはブルーレイディスクに保存しない、そもそもブルーレイを観ないという人や、すでにブルーレイレコーダーは持っているけど、チューナー数を増やして観たら消すだけのレコーダーも欲しいという2台目需要にも最適なHDDレコーダー。自分のテレビ視聴スタイルにはこれで十分という人も多いのでは。

アイ・オー・データ機器「HVTR-T3HDシリーズ」>> http://www.iodata.jp/product/av/tuner/hvtr-t3hd/

 

[関連記事]
オリンピックはライブが一番!iPhoneでどこでも観戦可能にするTVチューナー

4980円は魅力的! iPhoneユーザーが知っておきたいChromecastの使い方

データ配信より断然便利!スマホで音楽・映画見るなら「T Air」

(文/&GP編集部)