原宿VACANTでポルノ映画史100年分を紹介する展覧会が開催

写真拡大

 原宿の「ヴァカント(VACANT)」が、過去100年間のエロティック・フィルムの歴史を紹介する展覧会「ポルノ・ムービー・エステティカ /ポルノムービーの映像美学」を開催する。会期は9月18日から23日まで。 ポルノ映画史を紹介する展覧会の画像を拡大

 「ポルノ・ムービー・エステティカ」は、今年6月に発売された書籍「ポルノムービーの映像美学」に連動し、著者の長澤均が監修を担当。映画が発明された1895年と同時期に始まったと言われるポルノ映画の100年間にわたる歴史を写真や映像資料とともに辿るほか、都築響一や河村康輔、中原昌也らを迎えたトークショーの開催を予定している。入場料は1,000円で、ノベルティステッカーが付属する。■ポルノ・ムービー・エステティカ /ポルノムービーの映像美学  会期:2016年9月18日(日)〜23日(金)開館時間:12:00 - 20:00 (開催期間中無休)     ※18,19,22日はイベント開催の為、展示は17時まで  会場:VACANT/2F(東京都渋谷区神宮前 3-20-13) 入場料:1,000円(ノベルティステッカー付)  監修:長澤 均※一部性的あるいは暴力的な表現が含まれてるため、入場に際し予めご了承ください■イベント 18日(日):河村康輔「ポルノ・コラージュ・ワークショップ」      18:00開場 / 18:30スタート      入場料 2,500円+1drink(展示観覧料込)19日(月・祝)特別対談:長澤 均 x 都築響一「エロ・カルチャーの達人ふたりによる世界のポルノ事情異聞奇聞。」      18:00開場 / 18:30スタート      入場料 1,500+1drink(展示観覧料込)22日(木・祝)特別対談:長澤 均 x 中原昌也「人生は映画に追いつけない!それでも僕らは必死にエロティック映画を追いかけている。」      18:00開場 / 18:30スタート      入場料 1,500+1drink(展示観覧料込)予約ページ