10月の株価暴落を予感させる悪材料 「裁定取引」で18年ぶりに逆転?

ざっくり言うと

  • 10月の株価暴落を予感させる悪材料を日刊ゲンダイが報じた
  • 4カ月周期で株価が上下しており、10月に大台を下回る危険性は高いという
  • 裁定取引で売り残が多くなるという18年ぶりの逆転現象も起きている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング