ゼッタイ玉の輿に乗れる!! 30歳で年収1000万円稼ぐ男性が勤めている企業

写真拡大

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズは、9月13日に「30歳で年収1000万円が狙える企業」を発表しました。Vorkersに寄せられた社員のクチコミの中から、「年収・給与制度」のフリーアンサーに注目。企業が発表している平均給与額からは知ることのできない、リアルな給与事情を公開しています。

30歳で年収1000万円が狙える企業

広告/株式会社博報堂
テレビ局/テレビ朝日
総合商社/三井物産株式会社マイナビ
銀行・保険/東京海上日動火災保険株式会社
投資・証券/ゴールドマン・サックス証券株式会社
IT/グーグル株式会社
メーカー/プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)
シンクタンク・コンサルティング/株式会社野村総合研究所
※そのほかの企業は以下の画像を参照

ピックアップされた企業には、広告、総合商社、銀行、ITなどさまざまな職種がありますが、年収1000万円を超える理由はそれぞれ異なるようです。

■残業代が多くて年収1000万円に

「新卒入社9 年目、31 歳、営業職、年収1080 万円。給与制度の特徴:給与が良いと巷では言われているが、その大部分が残業代によって構成されている。平均で50 時間〜、多い月では120 時間以上残業する月もある。(制作・営業、男性、電通)」

「新卒入社 正社員 30 歳 年収750 万〜1000 万 部署により深夜残業などで差がつく。年功序列が色濃くある。40 代、50 代の給料は良い。年収1200 万〜2000 万までいる。年収の高さはボーナスが占める割合が高く、近年は売り上げ不振のために、ボーナスが下がっている。また、30 代以下は、ベースが上がらず、給料が、昔のように上がっていかなくなっている。(コンテンツ、男性、フジテレビ)」

広告やテレビ局では、ベースの給与額は一般的ですが、日々の残業代が積み重なって年収がアップするパターンが多いようです。

■年功序列でいずれ年収1000万円に

「30 歳 担当職、役職なし 年収1000 万。主に年功序列。海外勤務経験有無は給与に関わる。住宅費は地方の方が優遇される傾向にある。ベースアップは大きい。ただ、景気によって賞与が大きく変わるため、年収に関わってくる。会員制のホテルが利用できるなど福利厚生は整っている。(コーポレート、女性、三井物産)」

「30 歳で年収950 万円から1,000 万円。年功序列が基本だが、最近ボーナスのボラティリティが多い。30 パーセント程度の差は業績次第でつくイメージ。(専門職、男性、みずほ銀行)」

「30 歳課長代理で約1000 万円に到達する。ただし課長代理に上がれなかった場合(2 割ほどいる)は800 万程度でストップする。 福利厚生は住宅手当や保険料手当くらいだが、企業年金や退職金が非常に充実しているため長年勤めるのであればやはり最高の給与水準と言えるだろう。(損害サービス、男性、東京海上日動火災)」

総合商社や銀行・保険では、年齢が上がって特定の役職に就くと年収がアップし、福利厚生も充実しているようです。

■成果次第では年収3000万円超えも

「新卒入社6 年目、30 歳、アソシエイト、年収3000 万円+。ベース+ボーナス。(投資銀行部門アソシエイト、男性、ゴールドマン・サックス証券)」

「30 歳、課長代理、1,200 万円。日系企業としては破格の待遇であると思う。福利厚生も充実している。(投資銀行部門、男性、野村證券)」

実力主義の投資・証券会社では、業績を上げるほど年収もアップ。頑張り次第では年収1000万円どころか3000万円も狙えます。

■まとめ

年収1000万円というと、プライベートな時間がないほどバリバリ働く男性がやっと稼げるというイメージがありますが、企業によっては役職なしの女性でも十分狙えるようです。また、自分が転職して稼がなくても、玉の輿に乗りたいと思う女性は、このような企業に勤めている男性と結婚するのがいいのかもしれませんね!

(取材・文 マイナビウーマン編集部 西尾記代子)