[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2016年9月5日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、「サンダーバードって何のこと?」という話題について調べていました。

石川県民にとってサンダーバードといえば、金沢と大阪を結ぶ特急電車のイメージが強いのですが、皆さんは何を想像するのでしょうか?

ライチョウ(Tero Laaksoさん撮影、flickrより)

じゃあ、サンダーバードってなんなのさ

街の方々に「サンダーバード」について聞いてみると、「人形劇の国際救助隊」、「お酒のコール」などの意見もありましたが、やはり一番多いのが「電車」のイメージです。

しかし、同じように多い答えが「雷鳥」という意見。「雷=サンダー」、「鳥=バード」ということと、特急電車のサンダーバードは「雷鳥」が新しくなり誕生したものなので、県民は「雷鳥」を想像する人が多いのです。

ところが、いしかわ動物園の雷鳥を見に行くと「雷鳥はサンダーバードではありません」の貼り紙が! そうです。勘違いしている人が多いですが、雷鳥は英語で「ターミガン」。サンダーバードではなく、サンダーバードはアメリカの神話に登場する空想の鳥なのです。

JRの職員によると、特急「雷鳥」を新しくした時も、インパクト、力強さ、スピード感を表すのに「サンダーバード」と命名したが、雷鳥のことではないということでした。

てっきり同じものだと思ってましたよね。(ライター:りえ160)