医療現場や患者の声から生まれた頭皮にやさしいサポートキャップ

写真拡大

グンゼ(大阪市)は、低刺激インナー「MediCure(メディキュア)」から頭皮にやさしい「サポートキャップ」を2016年9月中旬に発売する。

「MediCure」は医療現場の声を製品づくりのベースに患者に寄り添う商品として誕生した。術後の肌や敏感肌に対応した低刺激インナーブランド。

「頭皮にやさしいキャップが欲しい」という医療現場の声をもとに、やさしい素材や編み立て、縫い目にこだわった低刺激のデイリーキャップを開発した。

本体とバンド部の編み方を変化させることで、縫い目がないシームレス仕様を実現。バンド部の幅が広くなっており頭部に心地よくフィットするという。幅広バンドは伸縮性に富んでおり、折り返しアレンジも自由自在。眉毛をカバーする位置やかぶる深さを調整できる。

ゴム編み部と生地の間に段差がない独自のゴム編み生地を採用。よく伸びて締め付け感ゼロながらズレにくい設計になっている。さらに、縫い目は頭部にたった1つだけ。しかもゴロツキ感を減らした「やさシーム」仕様だ。縫い目にも伸縮性を持たせることで頭皮へのやさしさにとことんこだわった。

本体生地は肌にやさしい綿100%。独自技術を活用した「耐久柔軟仕上げ」で、何回洗濯してもソフトな風合いを保つことができる。タグは肌への負担が少ないプリント洗濯タグを採用した。

家でリラックスしたいとき、オシャレして外出を楽しみたいとき、気になる就寝中にもおすすめだ。

カラーはオレンジ、ブラック、スモークグレー、ピンク、インクネービー。男女兼用。価格はレギュラータイプ1800円(税別)、ショートタイプ1500円(同)。