『聲の形』 (C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

写真拡大

ラブコメ、アクション、ホラー……。どんな映画でもも、ついつい“子育て”に結びつけて見てしまうのママさんライターが、話題作をママ目線で取り上げます!

【ついついママ目線】『聲の形』前編

いじめていた側を主人公に描いた問題作!

大ヒット中の『君の名は。』は親子でハマり、リピーターも多いのだとか。ファンタジックな恋にときめくのもいいけれど、せっかく親子で共有するのなら、こういうアニメを一緒に見に行ってみてはとオススメしたいのが『聲の形(こえのかたち)』だ。

「週刊少年マガジン」で連載され、「このマンガがすごい!2015」のオトコ編第1位をはじめ数々の賞に輝いた、大今良時の同名のベストセラーコミックの映画化だ。コミックで最初に描かれた読み切りは週刊少年マガジン新人漫画賞で入選を受賞したものの、当初はその内容から掲載が見送られ、連載がスタートしてからも物議を醸した問題作である。

聴覚障害を持つヒロイン・硝子が小学生時代にいじめに遭うことから端を発する物語なのだ。編集部はきわどい内容のために掲載を躊躇したが、やはり読者に読んで欲しいとの思いから全日本ろうあ連盟に作品を見せ、変更不要とのお墨付きをもらって、掲載に踏み切ったという。

ただし、本作の主人公はヒロインのほうではなく、いじめをしていた男の子・石田将也のほうだ。いじめの中心人物であった将也は吊るし上げを食らって、今まで一緒にいじめをしていたクラスメイトから手のひらを返したように苛烈ないじめを受けるようになる。中学・高校に進んでも孤立したままの彼は周囲と交流できずに孤独を深め、ある決意をして硝子に会いに行くが……。

しかし、これは、いじめていた悪者が因果応報で報いを受ける話でもないし、いかに罪を償っていくかという単純な話でもないのだ。(文:入江奈々/映画ライター)

(中編「無自覚いい子ぶりっ子に嫌悪感。依存女子の描き方もリアル!」に続く…)

『聲の形』は9月17日より全国公開される。