こう見えて天然素材の竹を使ったテーブルウェア。マークスインターナショナル 「BIOBU」。右からストレー ジジャーL 1,400円、スプーン セットS 1,200円、プレート サイド 1,000円

写真拡大

料理好きやアウトドア派だと、気づくとつい増えているのが食器類。処分は分別が面倒なだけでなく、CO2などが排出されるため環境にもよくありません。

【写真を見る】土壌で 1〜2年で自然分解されます。ガーデニング日和 「BIODISH」。ピクニックセット(巾着袋つき) 1,500円

そこでおすすめしたいのが、土に返るエコ食器。原材料が竹やコーンスターチのため、そのまま自然に戻すことができ、地球にやさしいのです。また安全性にもすぐれ、子どもが使うのにも安心。ふだん使いにはもちろん、ピクニックやフェスなど、アウトドアの機会にも活躍します。

■ ■カラフルですが土に返ります

マークスインターナショナル「BIOBU」:カラフルですが土に返ります。こう見えて、天然素材の竹を使ったテーブルウェア。ストレージジャー、スプーンセット、プレートサイドなど。

■ ■土壌で 1〜2年で自然分解されます

ガーデニング日和「BIODISH」:ピンクの食器3点とも、主成分は竹繊維とコーンスターチ。土壌で 1〜2年で自然分解されます。割れにくいので小さい子にも安心。ピクニットセットは巾着袋つきでアウトドアにも。

■ ■主な原料は米のもみ殻!

エスビーエイ「EcoSouLife」:ブラウンがおしゃれなお弁当セットは、主な原料がお米のもみ殻というHuskシリーズ。-30度から120度までの温度に対応可能で、電子レンジや食洗機にも使えます。人気はCafe Traveler(カップ)やOn the go-box&Spork Set(弁当箱)など。

地球や環境にやさしく、子どもにも安心安全。こんな食器を待っていたかも!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】