写真提供:マイナビニュース

写真拡大

9月15日から18日まで千葉県・幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ2016」。初日の15日、「Xperia」ブースにてPlayStation4とのリモートプレイの体験会が行われ、i☆Risの澁谷梓希、Wake Up, Girls!の高木美佑が登壇した。

当日の司会はニッポン放送アナウンサー・吉田尚記が担当し、ゲームが大好きな声優・澁谷と高木がゲストとして登場。歌って踊りながら音ゲーをプレイしているという澁谷は、ゲームに集中できず、スコアが大変なことになってしまうため譜面を覚えてしまうという。確かに澁谷は『太鼓の達人』の背面プレイ(太鼓本体の裏側に周り画面を見ずに叩くこと)が出来るくらいの腕前で、『大合奏!バンドブラザーズP』では楽曲も制作しているほど。高木も弾幕シューティングゲームをたしなみ、『太鼓の達人』もおにコースの星8〜9までならなんなくこなせるというレベル。二人とも今回の人選にはぴったりだ。

今回のイベントでは、Xperiaのスマートフォン・タブレットでPlayStation4のリモートプレイが楽しめる「PS4 Remote Play」を紹介していく。

イベント途中でXperiaブースの担当者、佐藤氏がステージに登壇し、「Xperiaは何年も前からキャップレスで防水機能が付いています。濡れた手でも操作できるので、お風呂でも大丈夫。なんとかSはイヤホン端子がなくなりましたが、Xperiaは好きなイヤホンを付けることが可能です」と優位性を語り、「ソニーは、エンターテインメントで負けたくない」とコメント。また、吉田も私物である「Xperia Z5 Premium」を水没させることで防水性をアピールするシーンも。

最後に、高木と澁谷が「PS4 Remote Play」を使用して、実際に『初音ミク -Project DIVA- X HD』をプレイ。危なげないプレイをしている高木の横で、澁谷は「ゲーム画面とミクどっちを見ていいかわからない(笑)。でも、リラックスしながら好きなところでプレイできるのは魅力ですね」とニッコリ。続いてプレイした澁谷はゲーム中にダンスをする余裕も見せつけていた。

Xperiaブースでは『初音ミク -Project DIVA- X HD』、『龍が如く6 命の詩。』、『戦国無双〜真田丸〜』、『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の4タイトルをリモートプレイで体験することが可能となっている。「東京ゲームショウ2016」は9月18日まで開催。

(加藤大樹)