「SWのサイン入りグッズは90%が偽物」

写真拡大

「スター・ウォーズ」シリーズでルーク・スカイウォーカー役を務めるマーク・ハミルが、サイン入りグッズの90%が偽物だと発言した。

英放送局BBCの「リップ・オフ・ブリテン」に登場したマークは、「偽物のサインのほうが本物のより多いんだ。(ファンが騙されているのを見ると)心が痛むよ」と口にし、どれだけ偽物が出回っているかという質問には「50〜90%だね」と答えた。

そんなマークはファンによってサインを変えることで、偽物との区別がつくようにしているそうで、「本当のファンだったら喜んでくれるよ」と続けている。

そして、SNSに送られてきたサインの写真を本物かを見極めているのだという。

「毎日宿題みたいなもんさ。30,40、50くらいを見極めなきゃいけないし、時にはすごく見分けるのが難しかったりするんだ。偽物だって言ってガッカリさせるのは楽しいもんでもないしね。でも(偽物が)すごく蔓延しているからね。本物よりも偽物の方が多いんだから」

ジョージ・ルーカスによるオリジナル3部作で主役のルークを演じていたマークは、前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ではわずかに出演しただけだが、次回作「エピソード8」と2019年公開予定の「エピソード9」にも続投する予定だ。