15日、参考消息網によると、中国とカナダはこのほど、刑事事件の被疑者の身柄引き渡し条約、受刑者の移管条約を締結した。写真はカナダのバンクーバー。

写真拡大

2016年9月15日、参考消息網によると、中国とカナダはこのほど、刑事事件の被疑者の身柄引き渡し条約、受刑者の移管条約を締結した。中国腐敗官僚や企業関係者の資産隠し先と指摘されてきたカナダは、これにより「罪を逃れる天国」ではなくなる見通しだ。

台湾・聯合報(電子版)によると、中国とカナダは12日、北京で安全保障、法治に関する高級対話を実施。カナダのトルドー首相のほか、中国外交部、公安部、国家安全部、司法部などの幹部も出席した。今後は条約発効までの日程を詰める。

中国は米国、カナダ、オーストラリアなど世界各国に対し、自国の「腐敗官僚の逃亡先」とならぬよう呼びかけてきた。中国がこれまでに発表した「国外逃亡した腐敗官僚100人」のうち、カナダへ逃げたのは26人。米国(40人)に次ぐ多さだった。カナダへは難民や投資移民を装って移住を試みる腐敗官僚、企業関係者が後を絶たない。(翻訳・編集/大宮)