写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スクウェア・エニックスは15日、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2016」(会期:9月15〜18日)のスクウェア・エニックスブースにおいて、スマートフォン向け新作タイトル『フレイム&ブレイズ』を発表した。

ステージには、まず『フレイム&ブレイズ』のプロデューサー・岡山博紀氏が登壇し、ゲームの概要を説明。本作は、「巨大ボスvs.巨大ボス」「友だちと3対3アクション」「勝利のカギはモンスター」をコンセプトに作られたスマートフォン向けアクションゲームになるという。

プレイヤーは3人の「エージェント」(キャラクター)を選んで相手チームに挑み、勝利することが目的。勝利するには、相手の「リアクター」と呼ばれる巨大ボスを倒さなければならない。また、フィールド上にある、強さの源「マナ」を集めることで一定時間後に登場するリアクターを強化することができ、いかに効率的にマナを集めるかが勝利のカギとなるようだ。

また、フィールドのモンスターを倒すことで仲間したり、エージェントの固有のスキルで相手チームを妨害したりすることも可能。さらにエージェントには、それぞれ攻撃方法が変化する「スタイルチェンジ」も用意され、スタイルを切り替えることで、戦況に応じた戦いが楽しめるとのこと。

発表会後半には、岡山氏のほか、スクウェア・エニックス代表取締役 社長・松田洋祐氏と、本作のキャラクター「ニコライ」の声を担当する、声優の鈴原言美が登壇し、実機によるゲームプレイも披露された。

途中、会場に謎の覆面3人組「FXB団」がステージに登場し、3on3の対戦プレイへと突入。意外に強いFXB団に、スクエニチームは苦戦を強いられたが、プレイそっちのけで合体ポーズを決めていたおかげで、スクエニチームは逆転大勝利をつかむことができた。

最後のあいさつで岡山氏は、「『フレイム&ブレイズ』は、真剣勝負もできるし、みんなでワイワイすることもできる。スタッフ一同、頭を悩ませながら魂を削って作っているので、ぜひプレイしてみてください」とアピール。また、松田社長は「数年前の企画時点から面白いと思っていたタイトル。ようやくお見せできるタイミングになって非常にうれしい」と笑顔でコメントし、発表会は幕を閉じた。

『フレイム&ブレイズ』の配信日は今冬を予定し、2016年冬にオープンβを開始予定。また、国内での正式版の配信後には、海外へのリリースも検討しているという。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

(担当ぱぴい)