なんだか最近ず〜っと疲れている気がする。睡眠時間を十分にとれてない、ってわけでもないのにどうしてだろう…。

部屋はキレイに整頓されていますか?
寝る直前まで仕事のことを考えていませんか?

疲れがとれない原因は、思いのほかたくさんあります。運動不足や過度な睡眠、寝る前にスマホやPCをいじっているなどはその例としてよく挙げられますが、朝ごはんを食べない、周りにネガティブな人がいる、部屋がモノに溢れている、という現代人によくありがちな習慣も、気だるさを誘発しているんだとか。

寝る直前まで仕事のことが頭から離れない、というのも疲れがとれない原因のひとつでしょう。きっと寝ている間も十分にリラックスできず、良質な睡眠がとれていないんだと思います。

仕事が忙しいと、どうしても生活が雑になってしまいがちですが、そういうときこそ仕事の時間とリラックスする時間のけじめをつける必要があると言えそうです。

就寝前の30分くらい、自分を癒やしてあげませんか?

【関連記事】
どれだけ寝ても疲れがとれない「9つのワケ」
・仕事が気になって眠れない…そんな人にオススメする「寝る前のリラックス方法5つ」

疲れには「睡眠前習慣」を身につけましょう

「読書をする」「紅茶を飲む」「温かいシャワーを浴びる」など簡単なことでも十分かもしれませんが、お香やアロマを焚くのもおすすめです。体全体が穏やかな香りに包まれるので、よりリラックスできるはずです。

たとえば、以前TABI LABOでも紹介した、マッチのようなデザインが特徴のお香「hibi」。こちらはレモングラスやイランイランをはじめとした5種類の香りがあります。すべての香りを揃えておき、その時々の身心状態に合わせて好きなものを選ぶ、なんてのも、ちょっとした贅沢を味わえていいですよね。

「手のツボ押し」なんてどう?

仕事中や空き時間にサクッと疲れをとりたいなら、ツボ押しが◎。

試しに、あなたもグリグリしてみては?

【関連記事】
・人差し指=胃腸!?こっそりできる「指のツボ押し」でリラックス

栄養たっぷりの「トルコ伝統料理」はいかが?

また、健康的な食事をとるのも疲労感を解消する方法のひとつです。とはいえ、本当に疲れているときはあまり食欲がわかなかったりしますよね…。では、こちらはいかが?トルコで古来から受け継がれてきた「ヨーグルトときゅうりのさっぱりスープ」。重くないし、ひんやりしているし、疲れた体をクリアにしてくれそう!

材料はニンニク、きゅうり、ヨーグルト、塩、オリーブオイル。コンビニでも置いているものばかりだし、レシピはこれらを切って混ぜる、以上。5分もあればできちゃう簡単メニューです。

 仕事も遊びも100%楽しむ。
「疲れ知らず」な体づくりのヒント

そういえば、あなたの周りにもいませんか?忙しそうなのに、しっかり遊んでもいる先輩や同僚。「いつ寝てるの?」っていう疑問すら感じる彼らは、別に特別な何かをしているワケではありません。毎日リラックスした状態で過ごせるような環境を整えたり、習慣を実践しているだけ。

たとえば、軽いランニングをする、小さいことは気にしない、完璧にこだわらない、カフェインに依存しすぎない、ジャンクフードは食べない。どれかひとつ実践してみるだけでも価値はありそうです。

【関連記事】
・意識するだけでOK!疲れ知らずの人に共通する「14の習慣」

 最後に、癒し動画をどうぞ

また、赤ちゃんや動物のかわいい動画を見る、というのもアリかもしれません。参考までにひとつご紹介。この動画の主人公は、パパに絶対「爪を切らせてれない赤ちゃん」。愛くるしい笑顔でパパをおちょくる姿に、ついニンマリ癒されるはず。

Reference:Familia Santos Iwama