天才か!2位山田孝之「演技が本当にうまい30代イケメン俳優」1位は

写真拡大

「演技派と呼ばれる俳優は?」と聞かれたら、誰を思い浮かべますか? ベテランは当然、実力者が残っているとして、若手の中にも単なる“顔だけ”じゃない、見事な演技で私達を魅了する俳優がいっぱい。

そこで今回は『VenusTap』が全国に住む男女500人に対して、「30代のイケメン俳優で演技がうまいと思う人は?」と聞きました。

その結果をランキング形式で紹介しますので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

■第5位:小栗旬(31票)

第5位は小栗旬。最近の主演作を見ると、テレビドラマ『信長協奏曲』(フジテレビ系)で織田信長役、実写版の映画『ルパン三世』でルパン三世役など。

原作ファンから強烈なバッシングを浴びることも多い漫画の実写化作品ですが、小栗旬にいたってはその演技力でうまく役をこなしています。その活躍は演じる側にとどまらず、映画『シュアリー・サムデイ』(松竹)では監督デビューも果たしています。

演劇界の巨匠で故・蜷川幸雄も、「小栗は格好がよくて、芝居もうまくて」と評価している実力派。次の演劇界を担う俳優として、蜷川は小栗の才能を買っていたようですね。

■第4位:松山ケンイチ(34票)

最近の作品では伝説のギャグ漫画『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(集英社)を実写化した『珍遊記』(東映)で、坊主頭にパンツ一丁の札付きの暴れん坊を演じて話題に。大河ドラマ『平清盛』(NHK総合)での主演も記憶に新しいですね。

また、11月19日より全国公開となる映画『聖の青春』(KADOKAWA)では、天才で変わり者の天才棋士・村山聖を演じるため、「最低でも20kgは増やす」と役作りのために激太り。

ぽっちゃりを通り越して、おデブになった姿はファンを大いに驚かせました。デ・ニーロもビックリのその姿勢は、さすがの役者魂と言えます。


「『デスノート』の演技は本当にすごかった」、「まさにカメレオン俳優」といった評価も集まりました。

■第3位:岡田准一(43票)

第3位はジャニーズから唯一入った岡田准一。「ジャニーズでは演技力一番でしょ」、「『永遠の0』は泣いた」「アイドルではなく、もはや俳優」といった声もたくさん集まっていました。

コメントにもあった映画『永遠の0』(東宝)で岡田は、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得しています。

ちなみに同年の日本アカデミー賞では、別の出演映画『蜩ノ記』(東宝)で最優秀助演男優賞も受賞。主演と助演で最優秀のダブル受賞は男性で史上初なのだとか。大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK総合)での演技も記憶に新しいですね。

■第2位:山田孝之(46票)

松山ケンイチに「カメレオン俳優」というコメントがありましたが、まさに山田孝之もカメレオン俳優。“和製ジョニー・デップ”との呼び声もあります。

例えば、映画『電車男』(東宝)でコミカルなオタク役を演じたと思えば、テレビドラマ『白夜行』(TBS系)で陰のあるシリアスな役柄も演じ、10月からスタートする勇者ヨシヒコシリーズ最新作『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)では、勇敢だけどかなりのヘタレで、ビビると足元が“生まれたての小鹿状態”になってしまう勇者を演じました。

一方で映画『クローズZERO』や『闇金ウシジマくん』など、強面役も得意としていますよね。

「出演作を並べてみると、まさにカメレオン」、「かなりの役の振り幅だけど、どれもしっくりくる」といった声も集まっていました。

■第1位:藤原竜也(55票)

その山田孝之を抑えてNo.1に輝いた演技派は、藤原竜也。

藤原竜也は故・蜷川幸雄に舞台『身毒丸』の主演オーディションで見いだされ、1997年にロンドン公演で舞台デビューを果たしました。今も日本の演劇界を引っ張る存在ですね。

2009年の舞台『ムサシ』で小栗旬と共演したときに、『日刊スポーツ』の対談で「(藤原の)演劇的な振る舞いは及ばない。

かわすとかユルい感じの芝居は僕が得意で、竜也は真っすぐな芝居がすごい。オレらがフュージョン(融合)したら、お互いのできない部分を補え合えると思う」と、小栗旬がその実力を讃えています。

演劇以外にも映画、テレビドラマへの出演はもちろん、『THE 世界遺産』(TBS系)のナレーションを務めるなど、幅広く活躍しています。今後のさらなる活躍が楽しみですね。

以上、演技がうまい30代のイケメン俳優ランキングを紹介しましたが、いかがでしたか? ちなみに6位は妻夫木聡(29票)、7位は綾野剛(28票)でした。皆さんのお気に入りの俳優はランクインしていましたか?

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - OCTOBER 22:  Actor Takayuki Yamada attends the 24th Tokyo International Film Festival (TIFF) Opening Ceremony at Roppongi Hills on October 22, 2011 in Tokyo, Japan. One of Asia’s largest film festivals takes place from October 22 to 30, showcasing about 130 highly-selected films from a variety of genres in several programs including the ‘Competition’ section for the Tokyo Sakura Grand Prix.  (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - OCTOBER 22: Actor Shun Oguri attends the 24th Tokyo International Film Festival Opening Ceremony at Roppongi Hills on October 22, 2011 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

※ BERLIN, GERMANY - FEBRUARY 13: Actor Ken’ichi Matsuyama attends the ‘Chasuke’s Journey’ (Ten no chasuke) photocall during the 65th Berlinale International Film Festival at Grand Hyatt Hotel on February 13, 2015 in Berlin, Germany. (Photo by Andreas Rentz/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - May 13:Tatsuya Fujiwara of announces his engagement on May 13, 2013 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)