東京スクリーム・クイーン映画祭2016

写真拡大

渋谷アップリンクで、世界各国の女性監督によるホラー&ダーク・ ファンタジー短編を一挙に上映する、『 東京スクリーム・クイーン映画祭』 が行われる。

<東京スクリーム・ クイーン映画祭とは?>
世界中から集められた、女性監督によるジャンル映画(ホラー、サスペンス、ダークファンタジー、ホラーコメディ) を上映するイベント。2013年にスタートし、今年で4回目。メイン会場である東京に加え、名古屋や大阪でのツアーイベントも開催し、今年はシンガポールでのツアーイベントの開催も決定している。

作品ラインナップは、日本初上映の長編ホラー2作品に加え、100本以上の中から選ばれた珠玉の短編7作品。全て日本初上映となる。

また、今年から新たに新設された、日本人女性監督によるジャンル短編作品の上映プログラム『ジャパン・マッドネス』も開催。

会期中はゲストに『少女椿』のTORICO監督や、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんを招いてのトークイベントを始め、映画祭恒例の女性アーティストとのコラボアート作品の展示、“コワカワ”なアートブースなど、ハロウィンシーズンを盛り上げるスペシャル・ イベントも盛り沢山。

<スペシャルイベント>
◆特別ゲスト:お化け屋敷プロデューサー 五味弘文さん
10月23日(日)短編プログラム上映後、日本各地で「コワくて楽しい」お化け屋敷を企画・演出してきた五味弘文さんによるトークライブを開催。恐怖をエンターテイ ンメントに変える演出方法や、お化け屋敷の魅力について語る。

◆ジャパン・マッドネス
日本人女性監督によるジャンル短編作品の上映。一般公募から選ばれた短編作品の上映に加え、特別ゲストに TORICO監督(『少女椿』)を招き、過去作品や新作『少女椿』の製作秘話について話を聞く。

また、記念すべき第一回目の開催で上映され、ゲストとしても登壇した朝倉加葉子監督の劇場未公開短編作品『悪魔召喚』(主演:庄治芽生・中江友梨・山邊未夢(東京女子流))を、今回特別に上映。                

◆怖カワ!アートイベント
映画祭期間中、女性アーティスト×映画祭によるコラボアート展を開催。名作ホラー映画にインスパイアされた、ダークでユーモラスな描き下ろしイラストが楽しめる。

更に今回は、会場にてホラー映画の中に入った気分で記念写真が出来るフォトコーナーを始め、 10月22日(土)&23日(日)のオープニングウィークエンドには、アーティストによる“コワカ ワ”似顔絵や、プロの切り絵師による妖怪切り絵ブースが日替わりで出展。

<会期>
2016年10月22(土)〜10月28日(金)7日間

<内容>
長編2作品&短編作品(計7本) をプログラム別に一挙上映。
特別ゲストによるトークや関連イベントなどの実施。
​*各作品・イベントの詳細はHPにて確認。
http://www.sqfft.jp

<映画祭スケジュール​>​
・10/22(土)
『ラブ・ウィッチ』17:15開場/17:30上映
『ジャパン・マッドネス』19:45開場/20:00上映​ ​☆ ゲスト:TORICO監督

・10/23(日)
『短編プログラム』17:15開場/17:30上映​ ​☆ゲスト: 五味弘文(お化け屋敷プロデューサー)
『鮮血のレイトショー』19:45開場/20:00上映

・10/24(月)
『短編プログラム』20:40開場/20:50上映

・10/25(火)
『鮮血のレイトショー』20:40開場/20:50上映

・10/26(水)
『ラブ・ウィッチ』20:40開場/20:50上映

・10/27(木)
『短編プログラム』20:40開場/20:50上映

・10/27(金)
『ラブ・ウィッチ』+観客賞受賞短編作品 20:40開場/20:50上映

<会場>
渋谷アップリンク(渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F&2F)

(2016年9月14日時点の情報)