中央気象局提供

写真拡大

(台北 16日 中央社)中度台風(台湾基準)台風16号が勢力を強めながら台湾本島に接近している。中央気象局は東部・宜蘭、花蓮、台東に加え、新たに台中以北を警戒区域とし、同地域に対して厳重な警戒を呼び掛けている。

気象局によると16日午後6時現在、台風16号は南部・恒春の東約300キロの海上にあって、時速19キロで北北西から北に進路を変えながら進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は43メートル。

台風の勢力は今後も強まり、強風域も拡大すると予測されている。

東部や北部、新竹から嘉義にかけての山間部では、16日夜から17日にかけて大雨となる恐れがある。気象局は、土砂崩れや落石に対する注意を喚起した。

台風接近の影響で、17日夜に台北市内で開催予定だった女性デュオ「パフィー」(PUFFY)の台湾公演が中止されることも16日、発表された。

(陳葦庭、王靖怡/編集:名切千絵)