15日(現地時間)、女性歌手のココ・リーがニューヨーク・ファッションウイークの会場に登場し、著名デザイナーのラルフ・ローレン氏らとのツーショット写真を公開した。

写真拡大

2016年9月15日(現地時間)、女性歌手のココ・リー(李[王文])がニューヨーク・ファッションウィークの会場に登場し、著名デザイナーのラルフ・ローレン氏らとのツーショット写真を公開した。文匯報が伝えた。

【その他の写真】

開催中のニューヨーク・ファッションウィークで15日、歌手のココ・リーがラルフ・ローレンのファッションショーに出席した。ココ・リーは今回、同ブランドから招待された唯一のアジア人セレブで、代表のラルフ・ローレン氏とのツーショット写真も公開している。

さらにココ・リーは、会場で顔を合わせた米女優のジュリアン・ムーア、ジェシカ・アルバとの豪華なツーショットも披露している。

ココ・リーは11年、香港の大手輸出企業リー&フォン(利豊貿易)のCEOで、米国人実業家のブルース・ロコウィッツ(楽裕民)氏と結婚。同氏は元サッカー選手のデビッド・ベッカム氏のビジネスパートナーとしても知られる。2人の結婚式は当時、総額15億円と報道され、結婚後はココ・リーのゴージャスなセレブ暮らしがたびたび話題となっている。(翻訳・編集/Mathilda)