台中名物の太陽餅

写真拡大

(台中 16日 中央社)台中のペーストリー文化をPRしようと、台中市政府経済発展局は16日から19日まで、台北市の華山1914文化創意産業園区で「台中ペーストリーフェスティバル」(台中[米羔]餅節)を開催する。名物伝統菓子、太陽餅(餡入りの丸い平らな焼き菓子)の無料試食などを行い、魅力を北部の消費者に伝える。

台中のペーストリー業者は長年にわたって努力を続け、伝統とアイデアを融合させた新たなメニューを開発してきた。太陽餅や緑豆椪(緑豆餡入りの菓子)、パイナップルケーキなどは多くの人から愛されており、市場規模は10億台湾元(32億2300万円)以上に上る。

今回のイベントでは、台中市内の優良業者8社がブースを出展。太陽餅を無料でふるまう。また、来場者は文物の展示や地図、ゲームなどを通じて台中のペーストリー産業の歴史や文化を学べる。

入場は無料。

(趙麗妍/編集:名切千絵)