中国「第2の宇宙ステーション」、打ち上げに成功

写真拡大

中国は9月15日、宇宙ステーション「天宮2号」の打ち上げに成功した。4〜6週間以内に有人宇宙船「神舟11号」をドッキングさせ、さまざまな科学研究を行う計画だ。

「中国「第2の宇宙ステーション」、打ち上げに成功」の写真・リンク付きの記事はこちら

中国は9月15日夜(現地時間)、大型宇宙ステーションに向けた次の一歩を踏み出した。

全長10.4m、重量8.5トンの無人宇宙実験室「天宮2号」は、ゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから、「長征2号F」ロケットに搭載されて打ち上げられた(文末に動画)。

天宮2号は、2011年に打ち上げられた同程度の大きさの「天宮1号」に次ぐ、中国で2番目の宇宙ステーションになる。今回の打ち上げに続いて、中国政府は4〜6週間以内に、2人の宇宙飛行士が搭乗する宇宙船「神舟11号」を天宮2号にドッキングさせる計画を立てている。

宇宙飛行士たちは天宮2号に約1カ月間滞在し、ラボの生命維持システムのテストや科学研究を行う予定だ。中国国営の新華社通信によると、医学、物理学、生物学といった分野の実験のほか、量子鍵伝送、宇宙原子時計、太陽風の研究も行われるという。

中国は、強固な宇宙計画の一環として、今後10年間をかけて(天宮2号を)普通の大きさの宇宙ステーションへと規模を拡大する意向だ。宇宙担当の当局者によれば、その下準備のため、2017年に中国初の無人補給船「天舟1号」を天宮2号に向けて打ち上げる予定だという。

中国が最終的に計画しているモジュール式宇宙ステーションは、重量が約60トンになるとみられる。天宮よりもかなり大きいが、420トンの国際宇宙ステーション(ISS)と比べるとまだ小さめだ。

中国の大型宇宙ステーション打ち上げは、ISSの運用が中止される時期と重なる可能性がある。米航空宇宙局(NASA)とそのパートナーは、2024年までISSの運用を継続すると約束しているが、その後ロシアは独自路線を取る可能性がある。

中国は、ISSに関係する欧州諸国に対して、2020年代半ばに自国の宇宙ステーションを訪問するよう誘いかけている。中国は米国との協力にも関心を寄せているが、米国議会は、宇宙飛行活動に関して中国との直接協力をNASAに禁じる法案を可決している。

RELATED