生活をしていて「日本人のココがイヤ!」ってどんなこと?ニコニコニュースのユーザーの意見をまとめてみた

写真拡大

先日、「教えて!goo」では「みんなと違うと白い目で見る……日本人のここがイヤ」という記事をリリースした。日本人といえば真面目で勤勉で、平和主義者で奥ゆかしさを大事にし、海外からもそれを評価されている印象が筆者のなかにはある。その一方で、上記の記事にもあるように、「『日本人らしい』と感じるけど、もうちょっとこうなってくれたら……」と欲深く思ってしまうことも。記事を配信したニコニコニュースでも、約900にも及ぶコメントで議論が賑わっており、記事に突っ込む意見や「そういうところあるよね」と賛同する意見まで、たくさんのコメントが寄せられていた。そこで今回は改めて彼らの意見をまとめながら、「日本人のココがイヤ!」という国民性について考えてみたい。

■協調性を大事にしながら、個性を出すという難しさ

寄せられたコメントを遡って見ていくと、まず筆者の目についたのが「事なかれ主義」と「出る杭は打たれる」という言葉で、国民性を表したコメントである。

「波風が立つことを過剰に恐れるから、フルボッコにして波風を立てないよう仕向ける。それが『事なかれ主義』の本質であり問題点」(MAKEBITさん)

「ほんとそう思うわ。日本って集団主義な気がするわ。集団こそが正義みたいな。皆で渡れば怖くない的な。それで同調圧力みたいの感じてるんだろうな」(gizaさん)

「多様な意見を受け入れられない、自分とは違う人の生き方を受け入れられない人は多いなと思う。○○であるべき!みたいなね」(Rikuさん)

「人と同じじゃなきゃいけない」という世間の見方は、生活をしていればいたるところで感じる気がする。たとえば身近なところでいえば、仕事の職種、結婚(恋人)の有無、その土地の風習などである。

最近はライフスタイルの多様化やSNSの普及で、こうした意識は薄まってきているのかもしれないが。それでも「人と同じであることが安心する」という根本的な価値観は、日本人らしい心理としてよく挙げられるポイントのように思う。

なかには「議論が出来ないには納得。事なかれ主義気質が多いから他人との意見の違いに対してぶつかりたくないからだと思う」(眠り猫さん)という意見も寄せられており、大人になるほど周りの空気を読み過ぎて、言いたいことが言えなくなっている人も多いのでは。

■もはや日本人という枠組みでは語れない!?

だが、こうした日本人の事なかれ主義や、出る杭は打たれる性格傾向に、反論する意見も多く寄せられていた。

「出る杭は叩かれるだけはなんかなぁ。違うと思う。人と違うことしたら見られるのは当たり前でそのプレッシャーに耐えれないやつが出る杭は打たれるって騒いでるだけ」(まっしゅさん)

「他人と違うことをすることと集団の中で逸脱した行動を取る事は別です。個性は好き勝手にやる言い訳ではありません。外れるならその行動に自信と責任を持たないとダメ」(ここぁさん)

「人と違う事をやって失敗すると馬鹿にする奴は多いと思う。行動力のない日本人の一番ダメなところだと思う。ビビッて何もできないお前より数段マシだぞ?」(hasuさん)

なかには「異質なものを排除したがるのは日本人に限った話じゃない」と、日本人という枠組みで語るのはおかしいという意見も。日本人の性格傾向に疑問視する人は少なくない以上、いい意味で型にハマらず柔軟に対応できる側面を磨きたいものである。

「人に合わせるだけよりもより多くの個性を認める方が生き抜くのは楽なんだよなぁ…」(うえたくまさん)とあるように、人間はみんな違って当たり前であり、だからこそ協調性を持ってコミュニケーションを取りながら、お互いの考えや違いを理解し合うことが大事なのだろう。

■世界の人から見ると、日本人はどう見える?

ほかにも「日本だけに留まってるとそのうち悪いところしか見えなくなってくるが、海外で生活してみると日本の良さが新発見できて改めて日本が好きになるから機会があれば是非」(クリームさん)と、アドバイスする意見もあった。
普段の生活でちょっと息苦しさを感じたなら、フラッと海外に足を運んでみると、自分の価値観が変わり、いい意味で視野が広がるかもしれない。筆者はこのようにまとめてみたが、あなたは日頃、「日本人のココがイヤだな〜」と感じることはどんなことがあるだろうか?

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)