▽ロアッソ熊本は16日、MF坂元大希(20)がドイツ6部リーグのドルンドルフへ完全移籍することを発表した。

▽坂元はサガン鳥栖の下部組織出身で、大津高校から2015年に熊本へと加入していた。加入1年目の昨シーズンは、リーグ戦の出場はなかったものの天皇杯で1試合に出場。今シーズンは公式戦の出場がなかった。

▽坂元はクラブを通じてコメント。「このたび、ドイツのクラブでプレーすることになりました。自分を磨き、選手としてもっと成長できるよう頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

▽ドイツ6部は地域が主導するアマチュアリーグに相当する。なお、ドルンドルフには、2013年2月から5月までアビスパ福岡やレノファ山口(当時中国サッカーリーグ)でプレーしたMF多久島顕悟や2010年から2011年6月までV・ファーレン長崎(当時JFL)でプレーしていたDF齊藤晃義ら、日本人選手が所属していたこともある。