連覇へ向けて好位置につけたキム・ハヌル(撮影:秋田義和)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 初日◇16日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,397ヤード・パー72)>
 愛知県にある新南愛知カントリークラブ 美浜コースを舞台に「マンシングウェアレディース東海クラシック」が開幕。ディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指すキム・ハヌル(韓国)は首位と4打差の4アンダー・11位タイと上々のスタートを切った。
キム・ハヌルとイケメンとの2ショット!
 「今日は緊張もなく淡々とリラックスしてプレーできました」と笑顔を見せたハヌル。「去年のイメージで楽しく回れました。全体的に悪いショットもなかった」と、昨年覇者の名に恥じない滑り出しを見せた。
 今週は8月で兵役を終えた弟のテウォンさんが来場。自身もプロゴルファーで、除隊後はアジアンツアーのQTに向けて練習中だ。今回の観戦はハヌルが「1回くらい見に来なよ」と誘ったのがきっかけだという。姉のプレーを観るのは韓国ツアー時代以来2年ぶりで、「自分が来たせいで成績が悪くなったらどうしよう」と笑ったが、4アンダーに一安心といった様子でクラブハウスに引き上げてきた。
 「しばらくぶりに姉のプレーを観ましたが、楽しく回っていて良かったです」。現在賞金ランク5位につける姉の強さを聞いてみると、「日本の他の選手のプレーはほとんど見たことありませんが、アイアンが良いと思います。ショットが素晴らしいですね」と語った。
 当のハヌルは「久々に弟に良いプレーを見せることができました(笑)」とご満悦。「今週は伸ばしあいになっているのでパター勝負になると思います。グリーンが先週よりも速いのでしっかり合わせられるように調整していきたい」。弟にカップを掲げる姿を見せるべく練習グリーンへと急いだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第29回】
イ・ボミ効果でギャラリー1100人増!?「たくさんの人の前で20勝目を」
マンシングウエアレディス初日写真集公開中!
石川遼、単独首位で決勝Rへ!1差2位にB・ジョーンズ
イボミのスマイルを大量アップ!女子プロ写真館