東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
博報堂アイ・スタジオは、2016年9月15日(木)より、“東北の未来につなげる年賀状”全国の学生が参加できる「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」の作品応募受付を開始した。

本コンテストは、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の小中学校の支援を目的とし、2016年9月15日より2016年11月4日まで、全国の学生を対象に来年の年賀状のテンプレートデザインを募集するというもの。応募作品の中から「チャリティー年賀状」として商品化し、2016年11月中旬より販売する。

また、「チャリティー年賀状」の流通枚数に応じ1枚あたり10円を寄附し、その金額は東北の被災校に必要な備品、設備、教材などの購入資金に充てられる。これまでの5年間で、本コンテストを通じて寄附させていただいた支援金の総額は、445万9,620円となったとのことだ。

■コンテスト概要
名称:チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト 2107
エントリー受付期間:2016年9月15日(木)〜2016年11月4日(金)
作品応募受付期間:2016年9月15日(木)〜2016年11月4日(金)
チャリティー年賀状販売期間:2016年11月21日(月)〜2017年1月15日(日)
入選各賞発表時期:入選2016年11月21日(月)(WEBサイトにて販売作品として紹介)、各賞2017年2月中旬〜下旬 (WEBサイトにて発表)
応募作品のテーマ:「東北の未来につなげる年賀状」

■開催概要

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕
・モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催
・「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
・ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%。MMD研究所調べ
・小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催