彭玉梅さん=彭春林さん提供

写真拡大

(屏東 16日 中央社)南部・屏東県内で最高齢の彭玉梅(Samelreng)さんが10日夜、三地門郷の自宅で死去した。114歳だった。彭さんは台湾原住民(先住民)ルカイ族。昨年5月には馬英九前総統が彭さんのもとを訪れていた。19日に告別式が行われる。

彭さんは1902年8月7日生まれ。ルカイ族の織物職人で、女性にしか伝承されていなかった織技術を初めて男性の孫、彭春林さんに伝えた。春林さんは集落の織物工芸を牽引する存在になっている。

(郭シセン/編集:名切千絵)