【1度は行きたいドライブスポット】山口県・長門&下関編

写真拡大 (全10枚)

CNNのサイトでは31か所中3番目に登場する美しいポイント!

全国でも珍しい夏みかん色のガードレールが、山口県に来たことを実感させる。山口といえば、かつてはMINEサーキット(1972年11月〜2006年2月/現在はマツダの美祢自動車試験場としてマツダの自動車開発の拠点の一つになっている)があり、また、マツダは山口県の防府工場で、アクセラとアテンザの生産を行なっており、クルマ好きにはなじみ深い県の一つであろう。

夏みかん色のガードレールは、1963年に山口で国体が開催された際に、山口県の特産品「夏みかん」の色に塗り替えたのがその始まりのようで、今では県道の多くがこの夏みかん色に塗られているという。「夏みかん」自体は山口県の萩市を中心に栽培されている。その発端は、萩藩による夏みかんの栽培奨励によるようである。

さて、そんな夏みかんガードレールの山口で、最近急激に観光客が増大している人気スポットをここで紹介しようと思う。

そのスポットは、アメリカのニュース番組専門の放送局であるCNNが発表した「Japan’s 31 most beautiful places(日本の最も美しい場所31選)」に選ばれたということで、それをきっかけに、国内はもとより海外からも多くの観光客がやってくるようになったという。

まず、その31選の内容から。那智の滝(和歌山)や金閣寺(京都)、厳島神社(広島)、さらに姫路城(兵庫)や松本城(長野)といった城郭、そして大山(鳥取)、屈斜路湖(北海道)、鳥取砂丘(鳥取)、洞爺湖(北海道)など、日本人の多くが知っているであろう超有名観光スポットが並ぶ。

31か所のスポットは、北海道と長野が4か所ずつと最多で、京都、広島、鳥取、大分、鹿児島が2か所ずつという分布となっている。

そして、山口県から唯一エントリーとなったのが、本州最西北端に位置する長門市にあるこの元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ/長門市油谷津黄498)だ。昭和30年に島根県津和野町の太鼓谷稲成神社から分霊された神社で、「稲荷」ではなく「稲成」と書く珍しいおいなりさんである。

高台に設けられた無料の駐車場からは、123本の鳥居がずらりと並ぶ壮観な景色を拝むことができる。ちなみに、海の向こう側に見えるのは「向津具半島」。読みにくいが「むかつく」とよむ。珍しい地名だということで、こちらもTVなどでも紹介されたりしているようだ。

そして写真右手、入口の鳥居の向こうには「龍宮の潮吹」というスポットがある。さらに周辺には、”日本海を望む大広間”と呼ばれる「千畳敷(せんじょうじき)」、日本の棚田100選にも選ばれた「東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)」など、元乃隅稲成神社以外にも見るべき場所が点在する隠れた絶景スポットといえる。

CNNのサイトでも紹介されているが、元乃隅稲成神社の参道の出口(駐車場側)には賽銭箱が用意された大鳥居がある。賽銭箱は、なんと鳥居の額束(がくづか)の位置にあり、その高さは地上5mほどにもなる。賽銭が入れば願が叶うとされている。

神社近くに2か所の無料駐車場も完備されているわけだが、ここ最近のフィーバーぶりにより、週末や連休時には周辺の細い道路で大渋滞が起きているということで、周辺路の一方通行化など、市では対策を講じているようだ。出かける際は一度チェックをするべし。

長門は海が近いにも関わらず「焼き鳥の街」!

そして、そんな絶景ドライブを楽しんだあとは、料理を堪能したいところだろう。

元乃隅稲成神社のある長門市の注目グルメといえば「焼き鳥」なのだという。日本海沿岸の街がなぜ? という疑問がよぎるわけだが、水揚げされた魚のアラを餌として使用していたことで養鶏業が盛んになったことによるという。そして現在、美唄、室蘭、福島、東松山、今治、久留米、そして長門が日本の7大焼き鳥の街と言われているようだ。

島根と山口で古くから飼育され、国の天然記念物指定(昭和26年)を受けた黒柏鶏(くろかしわ)をもとに誕生した山口オリジナル地鶏「長州黒かしわ」は、弾力とうま味が特徴だが、その長州黒かしわを味わうことのできる店舗が長門市内外にある。

また、その「やきとり日本一のまち」の締めの一杯として、長門のNo.1グルメを決定するN1グランプリ2012年大会で準優勝を獲得した「ながとりめん」は長門市役所職員が集まって開発した逸品。「長州どり」のチャーシューと鶏ガラベースのスープで、山口では珍しい太麺を使用したつけ麺風のラーメンである。

山口で一度は行っておきたい絶景スポットはほかにもある

元乃隅稲成神社のすぐ近く、隣の市になるが、下関市には「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」にも入る角島(つのしま)大橋がある。

山口県下関市豊北町の沖合1500mほどのところに浮かぶ周囲17kmの角島を結ぶ橋で、2000年に開通。橋の全長は1780m。角島大橋の本州側には海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)という公園があって、駐車場にクルマを止めて橋を堪能することが可能。

また、橋の本州側の突き当りには高台があり、ここからの撮影もいいだろう。上の写真がそれだが、撮影日は曇りだったものの、それでも海の美しさはわかっていただけるはずだ。これが好天であったら、どれだけきれいなのか! いつかコバルトブルーの海をしっかり堪能したい、と誰もが思うことだろう。ぜひ自身の目で確認してほしい。

角島大橋の特徴は、なんといってもシンプルな桁橋。橋の上部にあるのは街路灯と防護柵程度しかないため、空撮などの撮影に向いているということだろう。海の青さもあって、レクサスGS450h、マツダ・デミオ、三菱ギャランフォルティス、と自動車メーカーのTVCMでもたびたび登場しているようだ。

角島大橋を渡った先にある角島には、明治9年に完成した日本海側で初めての洋式灯台である角島灯台が今も海の安全を守っている。

下関の食事といえばやっぱり河豚(ふぐ)!

下関といえば、フグであろう。日本一の取扱量を誇り、下関では「福を招くように」とフグとは呼ばず、フクと呼ぶ。せっかく下関に来たのならば、フクを楽しみたいものだが、どうしても「高級」、「敷居が高い」、さらには「男社会・年長者の食べ物」といったイメージが先行してしまっている。

そこで、もっと若者にもフクを堪能してほしいと登場したのが「ふく恋盛り」だ。このふく恋盛りのために、女性だけで構成された「ふく恋実行委員会」が発足し、会員がアイデアを出し試行錯誤を重ねて2014年に登場した逸品。

「ふく恋盛り」は、山口の萩焼で、「ふく恋」のためだけに制作された淡いピンクの皿(このピンクの色は何度も試作を繰り返しようやくでき上がったフクとぴったり合うピンク色だそうだ)に乗せて提供される。2人前というのが基本だそうだ。

また、フグといえば、丸皿に丸くフグを並べていく菊盛、鶴盛、孔雀盛、牡丹盛などが一般的だが、この「ふく恋盛り」では、ハートの形(これも菊盛と比べ手間と時間のかかる作業だということだ)にすることも決めている。

そしてもう一つ、庶民の味として、お勧めしたいのが「瓦そば」である。茶そばを熱した瓦の上に置き、錦糸卵と牛肉を載せているもの。これをめんつゆにつけて食べる。

もともとは西南戦争の際に薩摩軍の兵士が、瓦を使って肉を焼いて食べたという話をもとに考案されたもので、今では一般家庭でもホットプレート等を使って食される、家庭の味ともなっている。

甘めのツユとの相性も抜群で、瓦についた部分のそばがパリッと香ばしく、この食感を楽しみたい。

秋シーズン、絶景ドライブ&グルメを堪能しにぜひ出かけよう。(2016年9月初旬取材)

(文・写真 青山義明)

【詳しくはこちら】
ふく恋盛り実行委員会事務局

長門市観光課

下関市観光政策課