言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?

斜め上をいく
超個性的なヒゲの数々

彼らは、テネシー州・ナッシュビルで開催された「ヒゲコンテスト2016」の参加者。我こそは!と思う精鋭が集うこの大会は、なんと1990年から開催されているのだとか。

単体で見ると十分すぎるほど個性的なのに、周りのインパクトに負けて埋もれてしまっている人。ヒゲコンテストなのに、コスプレに注力しすぎな人。さまざまなヒゲ男たちが独自のスタイルを楽しんでいる。

こうしたコンテストに本気になれるアメリカ、なんだか羨ましい。

Licensed material used with permission by @gregandersonphoto