高知東生被告、実刑判決は回避も「常に再犯のリスク」

ざっくり言うと

  • 高知東生被告は実刑判決を回避したが常に再犯リスクがあるという
  • 禁断の快楽を知っており、クスリに繋がる人脈を持つ疑いもあると関係者
  • 裁判官は「常習性と依存性が高く、刑事責任は軽視できない」と指弾した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング