「JAFデジタル会員証」を片手にポーズをとる、京都・祇園の舞妓さん

写真拡大

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は2016年9月1日から10月31日の2か月間、無料アプリ「JAFデジタル会員証」の新規登録キャンペーンを実施中だ。期間中に本アプリをダウンロードして新規登録を行った人を対象に、「Tポイント」20ポイントをプレゼントする。

デジタル会員証ならでのメリットとは

日ごろ運転する人ならJAFを知らない人はいないだろう。現在の会員数は1700万人以上におよぶ。入会費2000円・年会費4000円(1年分の場合。一括割引あり)で、車のトラブルに巻き込まれた場合に、いつ・どこでも原則無料でかけつけてくれる。このとき会員証を提示しなければならないが、車のダッシュボードに入れっぱなしの人の中には「どこにやったっけ?」とあたふたすることも――。

その点デジタル会員証は、スマアプリを起動して画面を見せればOK。しかもロードサービスを依頼するとき、GPS機能で取得した正確な位置情報をJAFに送信できる。不案内な場所にドライブに出かけても心強い。さらに会員向け優待施設割引の告知機能もある。

会員はプラスチックカードの会員証とデジタル会員証の両方を持つことができる。ただしJAF会員の個人/家族/法人の3種のうち、法人はデジタル会員証を持てない。

PRのため制作された動画では、JAFデジタル会員証の使いやすさ、便利さを伝えるため、舞妓の富美芳さんが祇園小唄のメロディにのせたオリジナル歌詞に合わせて優美に舞いを踊るほか、スマートフォンを操作してアプリの利便性をPRする。

「JAFデジタル会員証」とは別に「JAFお得ナビ」のアプリをダウンロードすると、全国約3万8000の会員優待施設を検索することができるなど、お得なサービスが満載だ。特典が反映されるのはポイント申請完了の翌月中旬ごろ。また過去にアプリをダウンロードしたことのある人は対象外となる。詳細はキャンペーンサイトまで。

【キャンペーン概要】
◇申込受付期間: 16年10月31日(月)23時59分まで
◇キャンペーン内容:無料アプリ「JAFデジタル会員証」をダウンロードして、新規登録をした人に、Tポイント20ポイントをプレゼント
◇申込方法:デジタル会員証アプリの登録後、JAFマイページ内のキャンペーンバナーから専用ページに移動し、T会員番号を入力すると、Tポイント20ポイントが付与される。デジタル会員証にログインするには、初期登録としてJAFマイページへの登録が必要。