チェーンが付けられた包丁(ネット写真)

写真拡大

 中秋節とイスラム教の重要な祝日犠牲祭(イード・アル=アドハー)が近づく中、新疆のウルムチ市でのテロ警戒がさらにレベルアップされた。大型商店のセキュリティーゲートの設置や住宅地域での武装人員による巡回以外に、最近は飲食店の包丁もチェーンが付けられ固定されるようになった。

 9月7日に新疆から3枚の写真がネット上にアップされた。ある飲食店の厨房にある包丁にチェーンが付けられ、調理台の近くから離れないように固定されている。

 新疆のメディア人趙さんは「中国人は賢すぎます!これは笑うべきか泣くべきか?とにかく空前絶後としか言いようがないです」とコメントした。

 ネットユーザーから、「肉屋の包丁も鍵をかけないといけないのでは」「住民の家にある包丁はどうしようか」という揶揄の書き込みも。

 市民の趙さんはラジオ・フリー・アジア(RFA)に「現在はセキュリティー検査が相当厳しいし、町を警戒巡回する人数も多い。ウルムチ市にはちょうど市政府の両会と自治区の両会が同時開催中であり、続いて9月21日からアジア欧州博覧会も控えている、それに中秋節もウイグル族イスラムの犠牲祭ももうすぐだし、いろんなイベントが集中し重なり、当局が(テロの可能性に)かなり警戒している」と話した。

 新疆の人権活動家、胡軍さんは「警官は全員拳銃を配備した上、盾と槍を持っている関係者と一緒に街を巡回しています。これは恐ろしい光景です。槍で人を刺すと命の保証がありますか」という。

 消息筋によると、新疆は江沢民派の拠点の1つであり、今までも何回か事件やトラブルを起こして習政権の政策や方針に抵抗したり、政局を撹乱したりしていたという。習政権は、窮地に陥っている江派の必死な抵抗を警戒し、去年の天津大爆発のような事件が再び起こらないように各地のセキュリティーを強化している。

(翻訳編集・単馨)