【カンファレンス登壇決定!】人類とAIの決戦を現地で見届けた棋士が、その先にみるもの #wiredcon

写真拡大

10月19日(水)開催の「WIRED CONFERENCE 2016」に登壇する棋士、マイケル・レドモンド。今年3月に行われた棋士、イ・セドルと人工知能・AlphaGoによる歴史的決戦を現地から実況した彼は、この敗北の先に起こる「革命」を見つめていた。「オルタナティヴ」な未来を考えるために、試合直後のレドモンドが語った言葉にいま一度耳を傾ける。

「【カンファレンス登壇決定!】人類とAIの決戦を現地で見届けた棋士が、その先にみるもの #wiredcon」の写真・リンク付きの記事はこちら

10月19日(水)に開催される「WIRED CONFERENCE 2016」。登壇者のひとりである棋士マイケル・レドモンドは、今年3月に行われた「Google DeepMind Challenge Match」の実況を現地から行った唯一の棋士だ。

対局では、囲碁韓国チャンピオン、イ・セドルが人工知能・AlphaGoに大敗を喫し、人類の未来に関するさまざまな議論が繰り広げられた。4月に発売された『WIRED』VOL.22のために、対局直後のレドモンドに取材を行った際、彼は「AlphaGoは芸術以外の何物でもない」と語ってくれた。

レドモンドが第2局中継時に言葉を失ったという、AlphaGoの「黒37手」とは何だったのか? そしてひとりの棋士としてセドルの敗北をどう捉えているのか? 誌面には掲載できなかった彼の言葉に詰まっていた「オルタナティヴ」な未来を考えるためのヒントを、カンファレンスに先立って紹介する。

マイケル・レドモンド(写真・右)|MICHAEL REDMOND
1963年生まれ。米国カリフォルニアに育ち、77年に来日して大枝雄介九段門下で囲碁のプロを目指す。81年に入段し、2000年に欧米人として初の九段に昇段する。16年3月、グーグル傘下のAIスタートアップDeepMindが生み出した人工知能「AlphaGo」と囲碁の韓国チャンピオン、イ・セドルによる「AI対人類」の雌雄を決する決戦において、世界中に配信され興奮を伝えた実況解説を、現地ソウルから行った。

人間を超えた黒37手、人工知能を超えた白78手

対局初日が終わったとき、わたしは自分が予想以上に動揺していることに気がつきました。もちろんイ・セドルが敗北したということもありましたが、会場の雰囲気が異様だったからです。韓国の記者はショックを受けて静かになっていたし、一方で部屋に戻れないくらいの取材陣が詰めかけていた。会場はものすごい熱気で満たされていました。会場の雰囲気にあてられ、わたしもしばらく放心状態だったことを覚えています。

全5局中、圧倒的に素晴らしかったのが、第2局でAlphaGoが打った黒37手です。あの局面は非常に曖昧で、棋士が10人いれば10通りの答えが出てくるでしょう。その局面で、誰もが想像しないような手が打たれた。AlphaGoでは候補手を決めるためにいくつかのアルゴリズムが用いられていますが、そのひとつに「ゲーム木探索」と呼ばれるものがあります。ゲーム木探索により、木が枝葉を伸ばすようにしてさまざまなパターンが検証されるんです。そこから形勢判断をすることで手が決められるわけですが、黒37手が選ばれる確率は1万分の1でした。これは普通なら間違いなく除外する手で、大げさにいえば“タブー”だといってもよいでしょう。

人間に近い碁の打ち方をするアルゴリズムによって選ばれた黒37手は、人間の想像を超えてしまいました。誰もが想像していなかったがために、同時放送で碁盤を中継しているオペレーターも思わず別のところに打ってしまったくらいですから。黒37手によって、AlphaGoは人間の想像の限界を超えたといえます。

AlphaGoに触発されるようなかたちでイ・セドルが打った、第4局の白78手も非常に素晴らしかった。プログラムによれば、セドルの白78手も1万分の1の確率でしか打ちえないものでした。そしてこの手はAlphaGoが想定する手のなかからも除外されてしまっていたんです。第2局でAlphaGoが人間の限界を超えたからこそ、第4局でセドルは人間の限界を更新することができた。これは囲碁に革命を起こすチャンスだと思います。

INFORMATION

10/19開催! オルタナティヴな未来を考える1dayカンファレンス「FUTURE DAYS」

ビジネス+カルチャー+テックのオルタナティヴな未来を夢想・構想する越境型カンファレンス、WIRED CONFERENCE 2016「Future Days」は10/19開催! 人工知能、ブロックチェーン、IoT…。新たなテクノロジーがもたらす可能性を語り、いまとは決定的に異なった「未来の日々=Future Days」を夢見る1日。

AlphaGoが第4の革命を起こす

囲碁の歴史を振り返ると、これまでに3回、布石の革命が起きています。最初は7世紀頃の囲碁が日本に伝わったとき、2回目は江戸時代に本因坊道策が隅以外の布石に着目したとき、3回目は20世紀に入って呉清源が「新布石」を編み出したとき。こうした革命が起きるたび、それまで打たれたことのなかった手が次々と現れ、囲碁は進化してきました。AlphaGoは第4の革命を起こしうる存在でしょう。

だからこそ、わたしはセドルの敗北を悲劇的なものだとは思っていません。これを機に囲碁がまた進化できるのだから、むしろポジティヴに捉えています。今回の対局を機に、中国や韓国では囲碁の学校に申し込む人が急激に増えたと聞きましたし、日本でも再び囲碁に注目が集まっている。欧米でも囲碁が知られるきっかけになったでしょう。囲碁という文化を考える上でも、今回の敗北には価値があります。

今回の敗北でわかったのは、AlphaGoは人間に勝ちうるが、その実力はたかだかプロ棋士と同じレヴェルだということです。第4局でセドルが白78手を打ったことで、AlphaGoの限界を知ることができた。対局を振り返ってみても、人間の限界を超えるような手は第2局の黒37手しかない。それだけじゃ物足りないんです。さらにAlphaGoが進化してくれることを願っています。

人間ではない何かを目指して

デヴィッド・シルヴァーをはじめとする研究者たちと話していて感じたのは、AlphaGoがひとつの作品になっているということでした。途方もないくらい大変で、それでいて天才的な作業の積み重ねによってつくられている。その意味において、AlphaGoは芸術以外の何物でもないでしょう。

さまざまな人が集まってできあがったAlphaGoには、数えきれないくらいたくさんのアイデアとデータが注ぎ込まれています。わたしが素人考えで思いついたようなアイデアもすでに検討されてしまっている。しかし、それゆえにAlphaGoはもはや誰にもコントロールできなくなってしまっているんです。細かい部分を調整しようとしても、全体のデータが大きすぎるためにアルゴリズムの感覚を変えることができない。子どもの成長と一緒で、わたしたちにできるのはAlphaGoを見守ることだけです。

いまやAlphaGoは自らのなかで対局を繰り返すことで成長を続けています。その積み重ねによって、人間とはまた別の感覚がつくりだされる可能性もあるでしょう。人間に近い碁が打てるからこそ、AlphaGoはセドルの白78手を候補から除外してしまいました。一方で、人間とは違う時間管理のアルゴリズムを導入していたから白78手への対応が間に合わなかったとも言えます。人間に勝ったからといって、正しい判断ができるわけではない。人間とは別の打ち方をすること、人間とは全く違う進化をすることにわたしは期待しているんです。(談)

RELATED