写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロフトワークは16日、FabCafe Tokyoの施設内にバイオテクノロジーの実験や研究が可能な設備を備えるバイオラボ(BioLab)をオープン。オープン記念として、音楽家・やくしまるえつこ氏の楽曲を微生物の形で発表・展示する試みを行っている。

同社がバイオラボを設置したのは、バイオテクノロジー領域の技術の急速な発展により、素材や食、ファッション、アートなど、幅広い分野での可能性が注目されるようになってきたことが背景にある。バイオラボの運用やコミュニティ活動を通して、バイオテクノロジー領域の理解の促進やビジネス機会の創出を目指していく。

オープン記念として行われている音楽家・やくしまるえつこ氏の特別展示は、同氏の楽曲を音源としてだけでなく、遺伝子組み換え微生物の形で公開するというもの。展示と同日よりリリースされた新曲「わたしは人類」は茨城県北芸術祭の公式テーマソングに採用されており、やくしまる氏は音源だけでなく微生物作成まで含めた一連のプロジェクトを作品として定義している。

楽曲制作において、茨城県北地域に生息するらん藻(シアノバクテリア)の一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだという。そして今回バイオラボで公開されている遺伝子組み換え微生物は、その楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成して微生物の染色体に組み込んで作られたものとなっている。こうして作られた音楽をDNA情報にもつ遺伝子組み換え微生物を音楽記録媒体とみなし、楽曲の音源をラボ内に流しながら展示する。

やくしまる氏は今回の試みについて、「この音楽をDNA情報にもつ遺伝子組換え微生物は自己複製し続けることが可能である。いつか人類が滅んだとしても、人類に代わる新たな生命体がまたその記録を読み解き、音楽を奏で、歴史をつなぐことになるだろう」とコメントしている。この「わたしは人類」にまつわるプロジェクトは、微生物を音楽作品として発表・展示する試みとして、経済産業大臣から認可を受けている。

なお、9月16日〜9月30日まで展示されているのは、「わたしは人類」の世界観とリンクする楽曲「ロンリープラネット」の遺伝子を組み込んだ微生物。「わたしは人類」の遺伝子を組み込んだ微生物については、11月10日〜11月20日にかけて公開される。