15日、宇宙実験室「天宮2号」を搭載した長征2号FT2キャリア・ロケットが中国の酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。

写真拡大

北京時間9月15日午後10時4分、宇宙実験室「天宮2号」を搭載した長征2号FT2キャリア・ロケットが中国の酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。約575秒後に天宮2号は分離に成功し、予定した軌道に乗り、打ち上げは無事成功した。

【その他の写真】

天宮2号は天宮1号目標飛行体を基礎に製造されたもので、全長10.4メートル、最大直径3.35メートル、太陽翼約18.4メートル、重さ8.6トンで、実験室と資源モジュールから構成され、設計軌道寿命は2年以上、有人宇宙船や貨物宇宙船とのドッキング、宇宙科学実験と技術試験の実施、宇宙ステーションの検討と運営に関する重要技術の検証を行う。

天宮2号は宇宙での負荷実験を行なうとともに、神船11号の打ち上げ前にランデブーとドッキングの準備を行う。長征2号FT2ロケットはこれまでの長征1号FT1号ロケットと技術的にはほぼ同じだが、安全性と信頼をさらに高め、一部技術的変更を行っている。長征系列ロケットの打ち上げは236回目だ。(提供/人民網日本語版・編集NA)