おっす、おいらキョートシティーのポケモントレーナー、カズサトシだ。本日9月16日は「ポケモンGO PLUS」の発売日。

この道具の発売が7月から9月に延びたことを知った時はちょっと嬉しかった。だってまだその頃は『ポケモンGO』が新鮮で、あたらしい道具の必要性をそれほど感じなかったからね!

でもトレーナー活動を続けるうちにオイラ、ひとつだけ大きなストレスを感じるようになっていた。「スマホうぜー」って! 

2016年のテクノロジーの現状を思うとスマホで『ポケモンGO』をするのはベストなんだけど、でも本当は、実際に相棒ポケモンを肩に乗せて、世界の色んな景色を見て、現地の人たちと交流し、この目で野生のポケモンを発見して、モンスターボールを投げてポケモンたちをゲットしたいのだ。

スマホ越しにこれらをやることがもどかしい。これがいわゆる過渡期っていうやつだ。テクノロジーの進化とともに、現実と虚構の融和はもっとナチュラルなものになっていくはずだ。

「ポケモンGO plus」が発表された時、これはそうしたことの第1歩となる道具だと直感した。発売日の2016年9月16日は、1980年代から構想されてきた「ユビキタス(偏在する)コンピューティング」がついに現実のものになっていく記念日なのかもしれない。

コンピューターゲームっていうのは、人類と科学技術のより良い関係性を「遊び」という形で模索しながら提示する、言うならば新しい文明の「ふかそうち」ってわけさ。


おっと、思わずアツくなっちまった。そんなわけで、オイラは何としてもこの歴史的な瞬間に立ち会いたくてポケモンセンターの総本山と言われる「ポケモンセンターメがセンター」(池袋)にやってきたんだ。


AM5:00。始発電車で到着。この時点での並びは50人くらい、つまり徹夜か! だんだんトレーナーが集まってきて、100人、200人と列がコラッタ式に伸びていく。販売開始まで、まだ時間はあるけれど、ルアーモジュールが絶え間なく使用されているため、ポケモンが頻繁に現れるので飽きることはない。オイラは野生のボニータを捕まえた!


AM7:00。朝だ。相当なトレーナーが並んでいる。おそらくこのあたりが本日のボーダーらしく、「今から並んでいただいても、確実にお買い求めいただけるかわかりません」との案内があった。

同時刻に「ポケモンセンターオンライン」とamazonでの販売が開始された。先頭でも後尾でもない列の中ほどに並ぶ人たちは、この時点で購入できる確信がないので、並びつつスマホで購入している者もいた(オイラもそうだ、ダブルでするぜ!)。オンラインでも注文が殺到しているようで、安定はしない。紙を! 購入が約束される紙を下さい!



AM8:00。購入券の配布が始まる。これを持っていればまずは安心。やったー。テレビの取材もやってくる。「3徹くらいのインパクト、欲しいな」との呟きが聞こえてきたが……。「革命はテレビには映らない」んだな!

AM9:00。待ってました! 販売開始。お店は10時開店なので購入出来るのは「ポケモンGO plus」のみ。購入券を持っている人が並びのままレジへと案内されるんで、果てこの券の意味はあるのだろうか? とも思ったが、まぁ「初物」の試行錯誤はつきものだよなー。

AM9:30。オイラも無事、購入。最終的な行列はざっと1300人くらい(主観です)。初日は1000個入荷即品切れ、という感じ(主観です)。店舗によってバラつきはあるだろう。ネットでも品切れになっていて、マーケットプレイスでは定価の約5倍ほどの価格で並んでいた。


AM10:00。箱を開いて念願のご対面。タバコの約半分。大き過ぎず小さ過ぎないジャストサイズ! 設定も簡単で説明書を読まなくてもすぐ出来た。ブルートゥース機器とスマホを接続したことがあれば心配なし。「ポケモンGO plus」をリストバンドに装着するには工具が必要なので手に握って軽く流してみた。

ポケストップに近づいた瞬間、「ポケモンGO plus」が振動した時は心もブルった。中央のボタンを押す。色が変わる。スマホの「ぼうけんノート」を確認すると、「キズぐすり」「げんきのかけら」を入手していた。スマホを見ずに何度かブルポチしていると、ポッポを捕まえていて、ゼニガメには逃げられてた。結果だけを読むのもオツなものがある。

これすごく新感覚かつ快適! 「スマホうぜー!」感が軽減され、目の前の景色がダイレクトに入ってくるんだもん。いいよ、これは! 『ポケモンGO』と長く付き合うつもりのトレーナーにはマストなアイテムだと断言しちゃうよ!

安定供給されるのはもう少し先になるだろう。店頭で購入できるのは明日がとりあえずのワンチャン。土曜日なので、今日よりも多く出荷されるかもしれない。お店の人に尋ねたけれど、うまくはぐらかされちゃった。ここは読みあいだな。

この記事や、ポケモンセンターのサイト、また、Twitterなどで状況を分析して、うまく立ち回ってねー。ブルポチはマジでいいっす。歩きスマホ、もうしない。
(飯田和敏)