家にいるであろう時間帯に、連絡が思うようにつかない場合は疑ってみるべし(※イメージ写真)

写真拡大

 恋愛アナリストのヨダエリです。このコラムでは、電話相談などを通じて男女のさまざまな悩みに向き合っている筆者が、「切実に結婚したいけど、どうもうまくいかない」とお悩みの皆さんに、明日から使えるアドバイスをお届けします。

 前回、気になる相手に恋人がいるかを見抜く方法を、「対男性編」「対女性編」と2回に渡ってお届けしました。「ラーメン、確かに!」「映画のくだり、笑いました」など同意の声をたくさんいただいたのですが、中にはこう思われた方もいるかもしれません。

「大事なのは恋人がいるかどうかじゃない、既婚かどうかなんだ……!」

 というわけで今回は、結婚している可能性を覚悟しておいた方がいいかもしれない、既婚見極めポイントをお届けします。当てはまらない人も中にはいるでしょうが、自分も含めた既婚者のリアルな生態から導き出した法則なので、それなりの正解率ではあるはずだと自負しております。ではどうぞ!

【その1】LINEでチャットをしたがらない

 今やすっかり定着したLINE。連絡ツールとしてだけでなく、おしゃべりを楽しむツールとして使っている人も多いですよね。

 もしあなたが独身で、会うととても盛り上がる意中の相手と家でもおしゃべりがしたくてLINEを送ったとき。相手とチャット状態にならないなら、その人は既婚かもしれません。

 単純に時間がないというのもありますが、妻や夫がいる空間で延々チャットする気にはなりにくいですし、あなたの存在を内緒にしているのであれば、なおのこと家では必要最低限のやりとりにとどめようとするはずです。

 逆に言うと、延々とチャットに付き合ってくれる場合、少なくとも一緒に暮らしている相手はいない、と考えていいかもしれません。

【その2】土日に連絡が取れない

 その1と同じ理由で、これもかなり怪しい! 平日は仕事に出かけてから帰宅するまでの間、あなたと自由にやりとりができます。が、土日は朝から晩まで家族と一緒にいることも多いため、異性とタイムリーに連絡を取ることが難しいのです。

 逆に言うと、土日でもすぐ返信が来るなら、結婚はしていない可能性が高いと考えられます(単身赴任などを疑いだしたらキリがないですが、そこも気になる場合は直接きいた方がいいです)。

 ちなみに、結婚していても、あなたとの関係にやましさがなければ、土日だろうが普通に返信は来るかもしれません。ただ、さすがにチャット状態にはならないでしょうし、なったとしても、「ごめん、そろそろ出かけるので」などと急に会話が終わることが多いのではないかと。

 連絡が取れる取れないにかかわらず、何をしているか謎の曜日や時間帯がある場合も、夫や妻、あるいは一緒に暮らしている恋人がいる可能性を少し疑っていいと思います。

【その3】男性が女性向けショップの紙袋を愛用

 コスメブランドの紙袋って、本を貸すときにちょうどいいサイズと強度なんですよね……(笑) これは男性が対象の場合に限りますが、本やコミックやDVDを借りたときなどに、女性向けショップの袋に入れて渡されたら90%奥さんか一緒に暮らしている彼女がいると考えていいと思います。

 ただ、今は別れている可能性もなくはないので、すかさずツッコミを入れて様子を見ましょう。「このショップ、私も行きますよ♪奥さんと趣味合うかも?」と。

「奥さん!?いないいない!」とあからさまに驚いた様子で否定したら独身だと思います。「ハッ」と焦る表情を一瞬でもみせたら、既婚の可能性大。一瞬固まった後、「奥さんはいないよ」と微笑と共に返してきたら、既婚ではないけれど彼女かそれに近い相手がいそう。

 ちなみに女性が男性向けブランドのショップ袋を使っている場合はどうなのかというと。女性の場合、今誰かと付き合っていようがいまいが結婚していようがいまいが、使えるモノは使う!と割り切る傾向が強いように思うので、紙袋で見極めるのは難しいかもしれません(笑)

【その4】デジタルに強そうじゃないのに家のネット環境が充実

 これは主に女性に当てはまる話ですが、家のネット環境が妙に先鋭的なのに、本人はその仕組みなどをよく分かっていない場合、結婚している可能性が高いと思います。

 たとえば、家にNAS(ネットワークに直接つないで利用する記録装置)環境があるらしいのに、質問をすると、「たぶんそうかな?」「そんな感じ」などと心もとない返事しか返ってこない、とか。

 要は、その分野に詳しい夫に任せているのです。

 その昔、インターネットを使うための設定をしてくれる男性が「つなぐ君」などと呼ばれていたものですが(めちゃめちゃ時代を感じますが)、さすがに最近はインターネットを使える環境くらいは自分で作れる女性が多いとは思います。なので、それくらいなら既婚を疑う必要はないでしょう。

 が、ある程度知識がいりそうなネット環境が整備されている中で暮らし、かつ本人に聞くとアバウトな回答しか返ってこない場合、要注意!です。

【その5】恐ろしいほど気軽に口説いてくる(が、決してガッつかない)

 これは主に男性に当てはまる話です。複数の男女での飲み会の後、メールが来たと思ったら、今夜のお礼と共に、次は2人で会いたいとほのめかす言葉が。

 ……なんてのはよくある話ですが、文面から緊張している様子が全く感じられず、断っても全く傷つかなさそうだなこの人、と感じた場合、その人は既婚かもしれません。

 具体例がないとピンと来ないと思うので、実例を出します。以下は、大昔に、筆者が一回り年上の東大卒・電通クリエイティブ職に就く既婚イケメンからもらったメールです。学歴や肩書を明かさなくてもモテそうな人でした(口説かれ自慢ではないのは読み進めていただければ分かります)。

 メールは改行も含め、送られてきたものをなるべく忠実に再現しています。

**********
今日はお疲れさま。
また飲み会やろうね。

誰が来るんですか?

君と僕。
またね。
**********

 ……怖っ。東大卒の電通クリエイティブ、怖っ!!!と、喜ぶよりも恐怖におののきました。魅力があって頭のいい既婚男性はこうやって年下の独身女性をだまくらかすのか……!と。

 彼が既婚であることは知っていましたし、既婚男性とそういう仲になる気は全くなかったのでスルーできましたが、あんな人にあんなメール出されたら多くの女性は2人で飲みに行っちゃうだろうなぁ……と思いました。

 このメールの何がすごいって、私の方から出るであろう質問を事前に予測して、それを自分で先に書いてしまい、さらに答まで伝えているところです。しかも決して「2人で会いたい」とは言っていないのです!!

 ダラダラと時間をかけて口説く気はないし、無理強いする気もない。でもその気があるなら連絡してね、という彼のスタンスがこの1通のメールに凝縮されています。

 この余裕、この無駄のなさ。きっと同じ手口でたくさんの女性をものにしてきたのでしょう。

 本来、フリーの状態であれば、誰かを誘うのも口説くのも勇気がいるし、緊張します。断られたら自分を否定されたような気分になるし、自信を失うし、傷つくからです。でも既婚男性はそんな緊張とは無縁! 既に自分を受けとめ受け入れてくれている人生のパートナーがいるから。そして、そもそも全力で向き合う気がないからです。

 もちろん、お互いが納得しあった上で付き合う分には自由だと思います。でも既婚者と付き合っても幸せになれる気がしないなら、あるいは早く結婚したいなら、事前の既婚チェックは超重要!

 好きになってしまってから既婚と気付いても、なかなか後戻りは難しいです。特に女性の場合、一線を越えてしまったら相当長引きます。この記事をブックマークするか、スマホのメモ帳にコピペして、たまに読み返してみてください。既婚者にうっかりフォーリンラブする前に!(恋愛アナリスト・ヨダエリ)