育休から復帰した後に女性の4割が転職経験 その理由は・・・

写真拡大 (全6枚)

 育児休暇を経て職場復帰を果たしたけれど、仕事と家庭生活のバランスに対して思い描いていた理想と現実の間には、大きな大きなギャップが・・・。そんな経験をした復職女性も多いのでは。エンジニア人材サービスのVSN(東京)が、出産を経て復職した経験のある全国の10〜40代の女性を対象に、女性の復職に関する調査をインターネットで実施(871人が回答)。約4割が働きづらさなどを理由に転職経験があることがわかった。

 出産・育児休暇を経て復職経験がある女性に復職後の転職の有無について聞いたところ、「ある」が全体で39.5%。転職の理由は「働きづらくなった」、「仕事と育児の両立ができなくなった」、「休職前のような働き方ができなくなった」などが上位に挙がった(複数回答)。現在、希望通りの条件や環境で働けていると思うかについては、「とても感じている」が23.0%、「どちらかといえば感じている」が39.3%で、合わせて62.3%がおおむね希望通りに働けていると感じているようだ。子育てをしながら働くうえで必要だと感じていることの1〜3位は、「幅広い人間関係」、「コミュニケーションスキル」、「専門能力」だった。

 復職後の収入については、全体の57.9%が「下がった」と回答。復職後に時短で働いている人が全体の45.1%を占めており、時短勤務の利用や転職が収入に影響している人もいるだろう。年代別にみると、20代の70%は収入が下がっており、30代は59.7%、40代は49.2%と世代によって差があった。

 出産を経て子育てしながら働く中で、女性は働き方を変えることを余儀なくされることが多い。子育てや家庭に重きを置くか、仕事に重きを置くか、各家庭の事情や個々の価値観によっていろいろな考え方があり、「正解」はない。制度の利用や転職、一時的に仕事を辞めるなど、皆が悩みながらさまざまな決断、選択をしているのかもしれない。