新型フリードは188万円から

写真拡大

Hondaは9月16日(金)、新型のミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」の販売を開始した。価格は188万円から。

【写真を見る】シートを倒せば大人2人が余裕で寝られるスペースが生まれるほどの室内空間

新型フリード/フリード+は、「いつでも」「どこでも」「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発。先代フリードのコンセプト「ちょうどいい」を、さらに進化させた1台となっています。

3列シート車のフリード、2列シート車のフリード+、そして福祉車両を用意し、多様なニーズに応えるべく16通りのバリエーションを用意。そしてコンパクトミニバン初となるハイブリッド4WD車に加え、車いす仕様車にもハイブリッド仕様を設定した。

さまざまなシーンに対応する多彩なシートアレンジが可能な、コンパクトミニバンクラストップの広い室内空間を確保。さらにフリード+では、荷室を超低床化することで使い勝手を向上させ、車中泊も可能なフラット空間と、床下収納を同時に実現した。

気になる燃費であるが、ミニバントップレベルの27.2km/L(JC08モード)を達成。

新しくなったフリードをチェックしてみてはいかが。【東京ウォーカー】